アキュワーズ代表の柏木です。言葉を習得すると世界が一気に広がります。英語を習得し、世界を広げ、素敵な未来を創っていきましょう!
by tgeveryday
カテゴリ
英語生活のすすめ
語源で増やすボキャブラリ!
心に響く繰りかえし読みたい英語
「よーし!柏木」こころの日記
お知らせ
以前の記事
2006年 12月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 08月 ( 36 )   > この月の画像一覧

ケネディ大統領就任演説

c0048512_17371676.jpgさて、今日も名言で英語を勉強しちゃおうって話ですが、今日紹介する言葉は、ケネディ大統領の就任演説です。ケネディ大領の就任演説といえば、キング牧師の有名な「I have a dream」と並んで、もっとも有名で、人気のある演説となっています。

参考までに就任演説は、英語でInaugural Addressです。


今日取り上げますのは、演説のごく一部の言葉ですが、演説の中では観衆が歓声をあげ、もっとも盛り上がる部分です。

(クリックして、実際のケネディ大統領の生演説をご体験ください)

その部分とは、


And so my fellow Americans,
ask not your country can do for you,
ask what you can do for your country.


My fellow citizens of the world,
ask not what America will do fou you,
but what together we can do for the freedom of man.





(日本語訳)

 アメリカ市民のみなさん、
 アメリカの国があなたに何をしてくれるかではなく、
 あなた方自身が、アメリカに何ができるかを考えてください。

 世界中のみなさん、
 アメリカが貴方の国になにをしてくれるかではなく、
 私たちが協力して人類の自由のために何ができるかを考えましょう。


この演説のCDは、私は100回以上聞いてます。それくらいのパワーのある内容ですし、実際に強い元気がもらえます。

私からの提案です。上記の前半の文章の「アメリカ」をいろんな言葉に変えてみると良いですよ。

会社が何をしてくれるかではなく、自分が会社に何ができるか
を考えよう。


妻(夫)が何をしてくれるかではなく、
自分が妻(夫)に何ができるかを考えよう。



社会が何をしてくれるかではなく、
自分が社会に何ができるかを考えよう。



神様が何をしてくれるかではなく、
自分が自分の人生の為に何ができるかを考えよう



いかがでしょうか?英語でいろいろな偉大な思想に触れていくのもいいと思います。

偉大な言葉を残してくれた、ケネディ大統領に感謝です。


話せる英会話なら「トークるズ!」

トー来るズロゴ青中



→→
楽しいブログ「トークるズで英語と英会話」
[PR]
by tgeveryday | 2006-08-13 17:37 | 心に響く繰りかえし読みたい英語

キング牧師の演説

みなさんお元気でしょうか?英語学習は継続されていますか?

私も何とか続けています。辞書を読んだり、文法書を読んだり、スピーチCD聴いたり、映画を字幕なしで見てみたりとか、毎日、ほんのちょっとなのですが、進歩しているのかなと感じております。


c0048512_94041100.jpgさて、昨日の記事では、ケネディ大統領の就任演説を取り上げましたが、今日は、それに勝るとも劣らない、キング牧師の偉大な演説の一部を紹介します。


キング牧師のこのスピーチは、私は、何十回と聴いて、何百回と読んでいると思います。こういった名文、名演説で言葉を学ぶというのは、非常に幸せなことだと思います。

言葉がしみこんできます。そして、心が震え、勇気が出てきます。

では、今日は、その一部を取り上げます。


I have a dream that my four little children will one day live in a nation where they will not be judged by the color of their skin but by the content of their character.


I have a dream today!


I have a dream that one day, down in Alabama, with its vicious racists, with its governor having his lips dripping with the words of "interposition" and "nullification" -- one day right there in Alabama little black boys and black girls will be able to join hands with little white boys and white girls as sisters and brothers.


I have a dream today!









(日本語訳)

私には夢がある。

いつの日にか、私の4人の幼い子供たちが肌の色によってではなく、人格個性によって評価される国に住む時が来るという夢が。

私には夢がある。

私は、憎むべき人種差別主義者や、余計な介在や無視を続ける政府があるこのアラバマの地でも微動だにしない夢を持っている。

それは、いつの日か、まさにこのアラバマの地で、黒人の男の子や、黒人の女の子が、姉妹、兄弟として、白人の男の子、女の子を手に手をとっているというものである。

私には夢がある!

(日本語訳終り)


キング牧師は、この演説の後、暗殺されてしまいますが、この演説を聴いて心から奮いあがり、立ち上がった人々がこの後の社会を変えていきました。

そして、キング牧師のこの力強い言葉と「夢」は、今でも生きております。

この演説の全体は、下記URLにあります。
http://www.americanrhetoric.com/speeches/Ihaveadream.htm

人種差別問題に真っ向からいどんだ、マーチン・ルサー・キング JRに感謝。

勇気をありがとう。

強さとやさしさをありがとう。


話せる英会話なら「トークるズ!」

トー来るズロゴ青中



→→
楽しいブログ「トークるズで英語と英会話」
[PR]
by tgeveryday | 2006-08-13 09:41 | 心に響く繰りかえし読みたい英語

英語で「まんじゅう恐い?」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

英単語は、語源を利用して憶えることで、効率的に記憶でき、さらに忘れにくいという効果があります。

今日も語源を利用して、英単語を楽しく憶えていきましょう!!


さて、今日のボキャブラリ編ですが、

変な題名だとお思いの方もいらっしゃると思います。


 今日は、「~恐怖症」といった接尾辞を扱っていきます。

 まず、「対人恐怖症」という英語を紹介します。



anthropophobia 【名】対人恐怖症

「anthropo-」 が、「人間、人類」を表す接頭辞

「-phobia」 が、「~恐怖症」を表す接尾辞として、この言葉を構成しています。

他、anthropo-関係では、

 anthropologist【名】人類学者

  ※anthropo(人間、人類)+ -logist(~学者)

 を憶えておくといいと思います。



では、「まんじゅう恐怖症」は?



manjuphobiaってとこでしょうか。



まんじゅう(饅頭)を和英辞典で引くと、

a bean jam bun(コンプリヘンシブ和英中辞典:旺文社)

a steamed (bean jam) bun(プログレッシブ和英中辞典:小学館)

とあります。


ですので、長いですが、

bean-jam-bun-phobia

という感じにでもなるのかと思います。



という長い前置きはともかく、「phobia」は、

ギリシア語のphobosに由来し、

「~恐怖症」「~嫌い」といった意味を持ちます。


今日はそんな意味を持つ言葉を探していきたいと思います。



まず、phobiaそのものも単語として意味を持ちますので、それから。



phobia 【名】恐怖症、病的恐怖

 例)He has a phobia about flying.
  (彼は、飛行機恐怖症だ)

   I have a phobia about snakes.
(私は、ヘビ嫌いだ)



では、関連する単語を探していきます。



acrophobia 【名】高所恐怖症

  ※acro(最高の、最上の、高所)+ -phobia(恐怖症)

  参考)acropolis【名】古代ギリシア都市にある要塞化された丘、アクロポリス
     
     ※acro(最上の)+ -polis(都市)



agoraphobia 【名】広場恐怖症

  ※agora(広場)+ -phobia(恐怖症)



astraphobia 【名】雷恐怖症

  ※astra(雷光)+ -phobia(恐怖症)



aviophobia 【名】航空恐怖、空を飛ぶ恐怖

  avio(鳥、飛ぶこと)+ -phobia(恐怖症)


noctiphobia 【名】暗夜(暗所)恐怖症

  ※nocti(夜)+ -phobia(恐怖症)



schoolphobia 【名】学校恐怖症、学校嫌い

  ※school(学校)+ -phobia(恐怖症)



theophobia  【名】神への畏怖、神恐怖症

  ※theo(神)+ -phobia(恐怖症)



neophobia 【名】新しいもの嫌い

  ※neo(新しい)+ -phobia(恐怖症)



radiophobia 【名】放射線恐怖症

  ※radio(無線、放射線)+ -phobia(恐怖症)



bibliophobia 【名】書物嫌い、書物不信

  ※biblio(本)+ -phobia(恐怖症)



technophobia 【名】技術恐怖、発達する技術の影響の増大について異常に恐れたり
          不安を持つこと、
          コンピュータなど新技術の機器使用に対する恐れ

  ※techno(技術)+ -phobia(恐怖症)



zoophobia  【名】動物恐怖症

  ※zoo(動物)+ -phobia(恐怖症)



necrophobia 【名】死亡恐怖症、死体恐怖症

  ※necro(死んだ、死者、死体)+ -phobia(恐怖症)



heterophobia 【名】異性恐怖症

  ※hetero(異性の)+ -phobia(恐怖症)



claustrophobia 【名】閉所恐怖症

  ※claustro(かんぬき)+ -phobia(恐怖症)

   かんぬき=門の扉が開かないようにする横木

   かんぬき恐怖症→閉じこめられることに対しての恐怖

   →閉所恐怖症



ailurophobia 【名】猫恐怖症

  ※ailuro(ギリシア語で猫)+ -phobia(恐怖症)

※難しい言葉ですので、通常は、

   I don't like cats. ぐらいで良いと思います。

   もちろん、この言葉でうんちくを語ったり、話題を広げたりするのは

   大いに結構だと思います。



photophobia 【名】光恐怖症、まぶしがり症

  ※photo(光)+ -phobia(恐怖症)



さて、今日の言葉はいかがでしたでしょうか?

みなさん、お気づきかと思いますが、ギリシア語を語源とする言葉の方が、

専門的かつ日常的には一般的とは言い難い言葉が多いです。


しかし、語源的には、非常に単純です。

そこは、しゃれて、


ailurophobia 【名】猫恐怖症



辞書にある言葉では無いですが、

catphobiaなんて言うのもいいかもしれませんね。



一般的な辞書に載っていなかったので、紹介を躊躇しましたが、


cynophobia 【名】犬恐怖症

 ※cyno(犬の)+ -phobia(恐怖症)

という言葉もあるそうです。



また、これも、

dogphobiaでもいけるとは思います。

(辞書には無い言葉なので気をつけて下さいね、笑)




また、嫌いな度合いにもよりますが、


I dislike dogs.

I hate dogs. 


って文で言っても何の問題もなく伝わります。



つまりは、言葉ですので、コミュニケーションツールとして大いに使って、

会話でも遊んでみてください。


使い方によっては、会話もはずみます!


私は、ramenphobia(ラーメン恐怖症)です。
(ホントはその逆で大好きです、笑)


----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-08-12 17:26 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリを増やそう!:「grad」「gress」は「歩く」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

英単語は、語源を利用して憶えることで、効率的に記憶でき、さらに忘れにくいという効果があります。

今日も語源を利用して、英単語を楽しく憶えていきましょう!!


漢字の部首などの構成要素も

結構な数があるとおり、英語もかなりの数の接頭辞や、接尾辞などがあります。


 長い歴史を持ち、様々な文化を受け入れ成長してきた言語というのは、

非常に多くのボキャブラリを持つものだなあと実感します。


 このコーナーも80回を超えてきましたが、やっと取り扱いたい言葉の

3分の1くらいが終わったかなというところです。

 では、本題に移ります。



 本日のお題は、「grad」「gress」は「歩く」です。

これは、ラテン語のgradusなどに由来し、「歩く」「歩み」、

そして、「段階」「階層」などの意味も持ちます。



 では、早速、単語を探していきます。



progress 【名】進行、推移、進歩、発展
     【動】前進する、進行する、進歩する

  ※pro(前へ)+ -gress(歩く)

   成句)in progress 進行中で

     例:an investigation in progress 進行中の調査

  ※progressive【形】進歩的な、革新的な



頻繁に使われる言葉ではないですが、progressの反意語として、


retrogress【動】後退する、退化する、衰退する
     
  ※retro(後ろへ)+ -gress(歩く)


があります。



congress 【名】(通例無冠詞、大文字で:Congress)(米国の)国会、連邦議会
         会議、代議会、集合、学会

  ※con(一緒に)+ -gress(歩く)

  


grade【名】階級、階層、等級、(米・カナダ)学年、評点
    【動】等級分けする、成績を付ける、だんだんぼかす、傾斜を減らす

  ※ラテン語 gradus 「段階」より



gradation 【名】叙々の変化、程度、階級、グラデーション

  ※gradate【動】次第に変化する、だんだんぼやける、等級を付ける
  (この言葉は、「grade」と意味が似ていますが、gradationからの逆成語との
   ことです。)


gradual 【形】漸進的な、だんだんの、(傾斜の)緩やかな

  ※guradually【副】だんだんと、徐々に、緩やかに



aggressive 【形】攻撃的な、好戦的な、侵略的な、精力的な、押しの強い

  ※ag(~の方へ)+ -gress(歩く)+ ive(~のような、形容詞化語尾)
   →~の方へ向かって歩く→好戦的な

  ※agression【名】攻撃、侵害、自己主張



さて、今日の言葉はいかがでしたでしょうか?

来週は、一週間、似たニュアンスの接頭辞を扱っていきます。

英単語力を効率的に伸ばして、英会話、英語学習に役立てましょう!


では、また、宜しく御願い致します。


----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-08-11 19:37 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリを増やそう!:「tract」は「引く」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

英単語は、語源を利用して憶えることで、効率的に記憶でき、さらに忘れにくいという効果があります。

今日も語源を利用して、英単語を楽しく憶えていきましょう!!


さて、今日のボキャブラリ編ですが、まず、みなさんからよくいただく

質問に最初にお答えしようと思います。



 このボキャブラリ編ですが、まずは、言葉をミクロからとらえようということで、

言葉を分解して、語源である接頭辞、接尾辞などに分解して言葉を憶えていこうと

しています。


 
 この接頭辞、接尾辞でざっと240回ぐらいまでの連載を予定しています。

その後は、言葉の結びつきなどに着目して、「熟語編」(240回)、そして、

「類語、同義語、反意語編」(120回)などへ、つなげて行く予定です。



さて、では、今日の本題に移ります。


「tract」は「引く」なのですが、この「tract」は、ラテン語のtrahereに

由来し、「引っ張る」「引く」などの意味を持ちます。


早速、言葉を探していきましょう。



まず、最初にイメージしていただく言葉としては、次のものが良いと思います。



tractor  【名】トラクター、牽引車

  ※tract(引く)+ -or(~するもの)



農場などで、いろいろな農作機械を引っ張っているのが、トラクターですよね。

では、他に単語を探していきます。

「引く」「引っ張る」というニュアンスを感じて下さい。



attract 【動】(注意を)引く、魅惑する(⇔distract)

  ※at(~の方へ)+ -tract(引く)

  ※attractive【形】魅力的な

  ※attraction【名】魅力、引きつけること、呼び物



contract 【動】契約する、引き締める、(病気に)かかる
     【名】契約(書)、婚約

  ※con(一緒に)+ -tract(引く)=引き合う、引き込む→契約する



distract 【動】(注意を)そらす、散らす、気晴らしさせる

  ※dis(分離)+ -tract(引く)=引き離す

  ※distraction【名】注意散漫、気晴らし、娯楽、乱心



extract 【動】引き抜く、抜粋する、引用する、搾取する

  ※ex(外へ)+ -tract(引く)

  


abstract 【形】抽象的な(⇔concrete)、理想主義的な、難解な

  ※abs(~離れて)+ -tract(引く)=(具体的なものから)引き離れた

  ※abstraction【名】抽象概念、非現実的な概念、(~の)分離



subtract 【動】減ずる、引く、控除する

  ※sub(分割、下へ)+ -tract(引く)=引き離す、減じる

  ※subtraction【名】引くこと、引き算、減法、控除



traction 【名】牽引力

  ※tract(引く)+ -tion(~すること;名詞化語尾)

  ※Traction Control System
   (車の)トラクションコントロールシステム


tractile 【形】引き延ばす事ができる、延性のある

  ※tract(引く)+ -ile(~できる)



さて、比較的よく使う単語は以上ですが、「tract」という言葉そのものにも

現代英語で意味がありますので、紹介します。

なぜ、最後に紹介したかと言いますと、語源は同じなのですが、

「時間・空間の広がり」といった意味のtractusという言葉から来ていることばで

ちょっと「引く」からは離れて想像しづらいかなと思ったからです。



tract 【名】(陸・海・空などの)広がり、地域
       (管状臓器の)管、道
       (神経系統の)索、路

  ※a tact of land tract of land 一区画の土地

※vast tract of ocean 広大な大洋

  ※tract tissue 気管組織


さて、今日のボキャブラリ編は、いかがでしたでしょうか?

明日は、また、別の言葉を扱っていきます。


----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-08-10 19:33 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリを増やそう!:「fort」は「運」

みなさん、英会話、英語学習してますか!? 

さて、今日のボキャブラリ編ですが、「fort」は「運」を取り上げます。


 こちらは、ラテン語のfortunaからきており、意味は「運」、「幸運」などの意味です。


 どんな「運」や「ツキ」のある言葉があるでしょうか?

早速、言葉を探していきましょう。



Fortuna  【名】(ローマ神話の)フォートゥーナ、運命の女神


fortune  【名】運、運命、幸運、財産

  ※fortuneteller 占い師、易者

  ⇔misfortune【名】不幸、不運、災難


fortunate 【形】運の良い、幸福な

  ※fortun[e](幸運な)+ -ate(~のある)
  
  ※fortunately【副】幸運にも、運良く

  ※luckyよりは永続的で、重大なことについて使います。

  (類語)~幸運~

  fortunate 努力よりはむしろ有利な環境によって成功が得られることを意味し,
       通例、重大なことに用いられる

  happy 結末が喜ばしいものであり,偶然起こることが
     時宜にかなっている点を強調する

  lucky より口語的で,偶然好結果になるような
     あまり重要でないことに用いられる (ランダムハウス大英和より)



unfortunate 【形】不運な、不幸な

  ※un(否定)+ -fortun[e]+ -ate(~のある)+ -ly(副詞化語尾)

  ※unfortunately【副】不運にも、あいにく、残念ながら
   (会話では非常によく使われる言葉です!)


fortuitous 【形】偶然の、偶発性の、幸運な

  (類語)~偶然の、思いがけない~

   accidental  思いがけなく,または偶然に起こる意
   
   casual   意図的または計画的でないふとしたことの意

   fortuitous 偶発的な出来事で,しばしば幸運な都合のよいことに用いる

                      (ランダムハウス大英和より)


   ※fortuity【名】偶然性、偶然の出来事

   ※fortuitism【名】(哲学)偶然説


さて、今日、紹介する主な単語は以上です。


最後に、fotrune(幸運)関連の言葉を少し紹介します。


fortune cookie

(米)(しばしば中華料理店でデザートで出る)占いせんべい

折りたたんだ薄い軽焼きのせんべいで、中に運勢,格言などを
  印刷した細長い紙片が入っている。(fortune cookyとも)



fortune hunter

 (特に財産目当てに結婚して)金持ちになろうとする人。



fortune's favorite

幸運児



make a fortune at one stroke

一獲千金



Fortune comes in at the merry gate.

(諺)笑う門には福来る。



Fortune favors the brave (もしくは the bold).

(諺)運命の女神は勇者に味方する。



The wheels of fortune keep turning.

(諺)因果は巡る。



最後に、fortという単語がありますが、これは別語源で、

まったく違った意味を持ちますので、気をつけて下さい。



fort 【名】砦(とりで)、要塞

  ※ラテン語fortis(強い)より

   関連語は、force、forte、comfort、effortなど

  (いずれこのコーナーで取り扱いますが、辞書を調べてみてください)



さて、今日のボキャブラリ編は、いかがでしたでしょうか?


英単語力を効率的に伸ばして、英会話、英語学習に役立てましょう!




----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-08-09 19:32 | 語源で増やすボキャブラリ!

アインシュタイン、ガンジーの言葉

さて今日のお題ですが、名言で英語を勉強したいと思います。

私自身、英語は、本当に繰り返し練習に尽きると思います。

そして、特にスピーキングですが、どうせ繰り返し練習するなら、より意味のある深い言葉なら、なおさらいいのではないかと思います。

今日は、「学習」に関する言葉をピックアップしてみました。

ナレーターは、トークるズのアレックスです!


※英文をクリックすると音声を聴くことができます!

1. The more I learn, the more I realize I don' know. 
 The more I realize I don't know, the more I want to learn.


Albert Einstein


2. Live as if you were to die tomorrow.
Learn as if you were to live forever.


Mahatma Gandhi


3. The purpose of life is to live a life of purpose.

anonymous


1. 学べば学ぶほど、自分がどれだけ
   無知であるかを思い知らされる。
   自分の無知に気づけば気づくほど、
   よりいっそう学びたくなる。

   アルバート・アインシュタイン


20世紀のもっとも偉大な科学者の一人、アインシュタインの言葉です。学べば学ぶほど学びたくなる、結局、人生は学びと気づきの旅のようなものなのでしょうか。

2. 明日死ぬと思って生きよ。
   不労不死だと思って学べ。

   マハトマ・ガンジー


インド建国の父、信念の男ガンジーの言葉は深いと思います。「少年老いやすく学なりがたし」とは言いますが、必死に生き、思う存分学んだガンジーの気持ちが非常に良く伝わってきます。

3.人生の目的は、
  目的のある人生を生きることである。

  作者不明


英語を学習する際も、目的を立てることが大事と思います。学習した英語で何をするのか?

仕事で海外との取引で使う。
旅行で使う。
海外の人とメル友を作る。
海外に移住する。などなど。

おそらく、何かの夢を実現したいからなのではないでしょうか?

その夢を実現した姿を思い浮かべながら学習していきますと、

きっと勉強にもやりがいが出てくると思います。


話せる英会話なら「トークるズ!」

234-60-002.gif

→→
楽しいブログ「トークるズで英語と英会話」
[PR]
by tgeveryday | 2006-08-09 14:38 | 心に響く繰りかえし読みたい英語

ボキャブラリを増やそう!: 「mise」「mitt」「miss」は「送る」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

さて、みなさん、昨日のボキャブラリ編をおぼえていらっしゃいますでしょうか?

「spond」「spons」は「約束する」を取り扱いました。

その中で、最後に語源の違う「promise」(約束する)を紹介したと思います。



promise 【動】約束する、誓う、~する見込みがある
     【名】約束、契約、見込み

  ※pro(前へ)+ -mise(送り出す)=あることを人の前に送り出す
   →そのことについて(事前に)話し合う→約束する


こんな感じでした。



今日は、それに引き続き、「mise」「mit」「miss」は「送る」という部分に

着目して、言葉を探索していきたいと思います。



こちらの言葉は、ラテン語のmittere、missusなどに由来し、

「送る」「投げる」などの意味を持ちます。



では、いってみましょう!



admit 【動】(場所・会などに)入ることを許す、~を許容する、認める

  ※ad(~へ)+ -mit(送る)=送り込むことを認める→入ることを許す

  ※admission【名】】~に入る許可、(劇場・野球場などへの)入場料、入場券




submit  【動】服従させる、屈服させる、提出する

  ※sub(下へ)+ -mit(送る)=下へ送る→低くさせる→屈服させる

  ※submission【名】服従、屈服、提出




emit  【動】発する、放つ、(鳴き声などを)たてる

  ※e(外へ)+ -mit(送る)=発する、放つ

  ※emission【名】(光・熱・ガス・微粒子などの)放出、放射、(紙幣などの)発行




commit 【動】任せる、委任する、(行動を)必ず果たすと誓約する
       (犯罪・過失など)犯す

  ※com(まったく=completely)+ -mit(送る、投げる)=一切を投げる
    →一切を委ねる

  ※さまざまな意味がありますので、辞書をひいてください。

  ※commitment【名】委託、公約、義務、犯行




committee 【名】委員会、後見人
    
  ※comit(委託する)+-ee(される人)=委託された人→委員会




dismiss 【動】解散させる、(人を)去らせる、解任する、退ける

  ※dis(分離して)+ -miss(送る)=去らせる

  ※dismissal【名】退去、解散、解雇、却下



missile 【名】ミサイル、飛び道具

  ※miss(投げる)+ -ile(~しやすい)




omit 【動】省略・割愛・除外する(=leave out)、~することを怠る

  ※o(反対方向に=opposite)+ -mit(送る)
   =反対に送る→送り返す→除外する
  
  ※omission【名】省略、脱落、欠落、怠慢




permit  【動】許す、~を容認する、機会を与える
     【名】許可、許可証

  ※per(~を通して)+ -mit(送る)=通過するのを許す

  ※「許す」の意味で類語

   allow:人が何かをすることを邪魔せず、いっさい任せる。
   permit: 正式のまたは暗黙の同意・許可を与える

  ※permission【名】(書類・口頭による)許可、認可




transmit 【名】送る、(電波・ケーブルで)送る、伝える、伝染させる

  ※trans(別の場所へ)+ -mit(送る)

  ※transmission【名】伝達、伝染、通信、放送、トランスミッション




では、最後に月曜日に紹介した言葉をもう一度、紹介します。



compromise 【動】妥協する、折り合う、屈服する
      【名】妥協、折衷、歩み寄り

  ※com(共に)+ -promise(約束する)




mission  【名】(外国へ派遣される)使節団、伝導、布教活動、使命
      【形】伝導の、ミッション様式の

  ※ラテン語のmissio(派遣)より




premise  【名】前提、仮定、(証書の)頭書、前述部分
      【動】前提とする、前置きをする

   ※pre(前に)+ -mise(送られた)




さてさて、今日のボキャブラリ編はいかがでしたでしょうか?


英単語力を効率的に伸ばして、英会話、英語学習に役立てましょう!


次回は、まったくちがった言葉を取り扱っていきます。



----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社→→楽しいブログ「トークるズで英語と英会話」

         
[PR]
by tgeveryday | 2006-08-08 19:30 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリを増やそう!:「spond」「spons」は「約束する」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

さて、今日のボキャブラリ編は、「spond」「spons」は「約束する」です。

約束すると言えば、「promise」がすぐ思い浮かぶと思いますが、これは、

別の語源から来ているものですので、最後に取り扱います。



最初に、「spond」「spons」ですが、これは、ラテン語のspondereもしくは、

sponsusに由来し、「約束する」「誓う」「保証する」などの意味があります。



では、早速、単語を探していきます。



respond  【動】返事をする、答える、返答する、反応する

  ※re(~しもどす)+ -spond(約束)=約束し返す→返答する

  ※answerよりもやや固い言葉


response  【名】返答、応答、反応



correspond  【動】一致する、合致する、類似している

  ※cor(共に)+ -respond(反応する)=反応し合う→一致、合致する

  ※correspondence【名】調和、符合、一致、類似点、文通

  ※correspondent【名】文通する人、通信者、通信員、特派員、投書家
         【形】~に一致する(=corresponding)

   例)a good [or a tireless] correspondent  (筆まめな人)

     a bad [or a poor, a negligent] correspondent (筆不精な人)

     a special correspondent from the ABC press.

      (ABC新聞社からの特派員)

     an anonymous correspondent  (匿名の投書家)



responsible 【形】~に責任を負う、責任がある、~の原因である

  ※respons(e)(返答)+ -ible(~できる)

   例)I am responsible to the president for his decisions.

       彼は物事を決めた場合社長に対して責任を取らねばならない

Carelessness and haste are responsible for many spelling errors.

不注意と性急さが多くの綴(つづ)りの間違いの原因である




  ⇔irresponsible【形】責任能力のない

   例)He showed an irresponsible attitude 彼は無責任な態度を見せた


※responsibility【名】責任、責務、負荷



responsive  【形】~に敏感な、感じやすい、反応のよい

  ※respons(e)(反応)+ -ive(~の傾向のある)

  ⇔irresponsive【形】手ごたえのない、~に反応のない

   例)He is irresponsive to my needs.  彼は私の要求にこたえてくれない

  ※responsiveness【名】敏感さ、反応性



sponsor 【名】保証人、発起人、スポンサー、名付け親

  ※spons(約束する、保証する)+ -or(~する人)




さて、「spond」「spons」は「約束する」はここらへんにして、

最初にお約束しました、「promise」の話に移りたいと思います。

まず、語源から、


promise 【動】約束する、誓う、~する見込みがある
     【名】約束、契約、見込み

  ※pro(前へ)+ -mise(送り出す)=あることを人の前に送り出す
   →そのことについて(事前に)話し合う→約束する



「前に送り出す」というのが元々の意味のようです。

では、この「promise」と「mise」関連の言葉を少し探して、今日のボキャブラリ編を

終わりたいと思います。



compromise 【動】妥協する、折り合う、屈服する
      【名】妥協、折衷、歩み寄り

  ※com(共に)+ -promise(約束する)


mission  【名】(外国へ派遣される)使節団、伝導、布教活動、使命
      【形】伝導の、ミッション様式の

  ※ラテン語のmissio(派遣)より

※mission関連の重要語は非常に多いので、是非辞書を引いてみてください。

   (今後、このコーナーでも取り上げます)

   例)admission、commision、permission、submission、
     omission、transmissionなど


premise  【名】前提、仮定、(証書の)頭書、前述部分
      【動】前提とする、前置きをする

   ※pre(前に)+ -mise(送られた)



さて、今日は、「約束」からちょっと脱線して「送る」のニュアンスまで

行きました。

今日のボキャブラリ編は、いかがでしたでしょうか?



語源シリーズは、まだまだネタが尽きないのですが、接頭辞、接尾辞関連を

中心にやってますので、重複してでてくる単語がちらほら出てきていると

思います。


もう知っているものは、復習のつもりで、見ていただければと思います。

英単語力を効率的に伸ばして、英会話、英語学習に役立てましょう!

----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-08-07 19:28 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリを増やそう!:「dorm」「hypno」は、「眠る」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

さて、今日のボキャブラリ編は、「dorm」「hypno」は、「眠る」です。

「眠くならないよう」集中してがんばってください(笑)。


まず、ラテン語を起源とする「dorm」からです。

これは、ラテン語の「dormire(眠る)」から来ている言葉です。

意味は、そのまま「眠る」でよさそうです。


ちょっと話が脱線しますが、ラテン語の影響はラテン語系である、

フランス語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、ルーマニア語には

直接的に影響しており、たとえば、今日のdormireなども、

私の第一外国語だったポルトガル語では、

「dormir(眠る)」と非常に近い形で現代に残ってます。


こういった、英語以外の言語を学習することも英語理解を深めるのに

役立つものだと思います。


さて、本題に戻ります。

「dorm」を含む単語を探して行きます。

まず、そのものズバリの単語がありますので、そこから行きましょう。


dorm 【名】寮


これは、略語です。

本来のものは、以下の通りです。


dormitory 【名】{米}(大学などの)寄宿舎、寮
         {英}(施設・友愛会館・客船などの)共同寝室
           (都市に通勤する人々の)郊外住宅地、団地

  ※ラテン語dormitorium(眠るところ)より


これ以外には、以下のものがあります。


dormant  【形】眠っているような、(計画などが)実施されていない
        活動休止中の

  ※ラテン語dormire(眠る)
    →アングロフランス語dormir(眠る)の現在分詞

  例)a dormant account  長い間出し入れされていない口座
    a dormant volcano  休火山

  ※dormancy【名】休眠状態、休止状態


dormouse 【名】(動物)ヤマネ

  ※dor(m)(眠る)+ -mouse(ねずみ)=眠るねずみ


まだ、辞書にはこれに関する言葉がありますが、

主なものは以上の通りです。


では、次に「hypno」へ移ります。

これは、ギリシア語hypnosを語源とします。

意味はやはり「眠る」ですが、

「睡眠」「催眠」といった意味は同時に持ちます。


では、いってみましょう。


hypnosis 【名】催眠術、(人為的な)催眠状態


hypnotherapy 【名】催眠(術)療法

  ※hypno(睡眠)+ -therapy(~セラピー、~療法)


hypnology 【名】睡眠学、催眠学

  ※hypno(睡眠)+ -logy(~学)


hypnotic 【名】催眠状態の、催眠術にかかりやすい

  ※hypno(睡眠)+ -ic(~の:形容詞化語尾)


hypnotism 【名】催眠術、催眠研究

  ※hypno(睡眠)+ -ism(~理論、~研究)


hypnotist 【名】催眠術師

  ※hypno(睡眠)+ -ist(~するひと)  


hypnotize 【動】催眠状態にする、催眠術をかける、影響を及ぼす、魅了する

  ※hypno(睡眠)+ -ize(~させる、~する:動詞化語尾)


さて、今日はこのへんで。


と思ったら、今、私のiPodからは、

The Beatlesの「I'm Only Sleeping」が

流れてきました。


夏休みでゆっくりされている方も多いと思います。

ゆっくりできる方は、是非、十分「眠って」パワー蓄えてくださいね。

----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-08-06 19:27 | 語源で増やすボキャブラリ!