アキュワーズ代表の柏木です。言葉を習得すると世界が一気に広がります。英語を習得し、世界を広げ、素敵な未来を創っていきましょう!
by tgeveryday
カテゴリ
英語生活のすすめ
語源で増やすボキャブラリ!
心に響く繰りかえし読みたい英語
「よーし!柏木」こころの日記
お知らせ
以前の記事
2006年 12月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 08月 ( 36 )   > この月の画像一覧

素直な心

「素直な心というものは、非常に尊いものだ。

 その尊いものは、一朝一夕には得られないと、

 僕は、思う。

 もし、君が素直な心になって、

 ものを見ていこうと欲するならば、

 とにかく、一日一回は、

 今日も素直な心で対処していこう、

 物事を見ていこうという気分になることだ。」


          松下幸之助



「素直な心」というのは、松下幸之助さんが、非常に重要視されていたことです。

私も非常に大切なことだと思います。

なぜなら、素直な心でないと、他人の言うことが素直に聞けません。

そして、素直な心でないと、自分の内からの声も聞こえてきません。

決断も、判断も、思考も鈍ります。

行動も遅くなります。

自分の心が澄んだ状態でいること、また、そうであろうと努力すること、つまり、素直な心でいうことがいかに大切なことであるかと気づきます。

   よーし!柏木


----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-08-19 18:45 | 「よーし!柏木」こころの日記

「extra/extro」は「~の外=outside」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

英単語は、語源を利用して憶えることで、効率的に記憶でき、さらに忘れにくい、思い出しやすいという効果があります。

今日も語源を利用して、英単語を楽しく憶えていきましょう!


さて、今日のボキャブラリ編ですが、先週から「~の中」に関する言葉を

取り扱ってきましたが、今日は、「外」という意味の言葉を取り扱います。


 
 前回が「intra/intro」は「~の中=into」でしたので、それに関連して

憶えてしまえばいいと思います。



 前回の記事は、

http://tgeveryday.exblog.jp/4356791


みなさん、英会話、英語学習してますか!?

英単語は、語源を利用して憶えることで、効率的に記憶でき、さらに忘れにくい、思い出しやすいという効果があります。

今日も語源を利用して、英単語を楽しく憶えていきましょう!! 
 

さて、今日の「extra/extro」ですが、ラテン語のextraに起源し、意味は、

「~の外の」「~の範囲外の」「~を超えて」といった意味で、英語では、

outside、beyond等の意味が近いですが、ズバリの言葉がありますので

そこからいってみましょう。



extra 【形】余分の、割り増しの、臨時の、特別の
    【名】余分のもの、おまけ、チップ、割増料金、号外、エキストラ



まずは、ズバリextraですが、余分な物、通常以外のものという意味が

多数辞書に載っています。


これを最初に押さえて他の言葉を探していきます。



extraordinary 【形】並はずれた、異常な、特別な

 ※extra(~の範囲外の)+ -ordinary(通常の)



extraterrestrial 【形】地球外の、宇宙からの
         【名】地球外生物、宇宙人

 ※extra(~の範囲外の)+ -terrestrial(地球の)

 ※映画「E.T. The Extra-Terrestrial」は、この言葉から。



extracurricular 【形】正課外の、本務外の

 ※extra(~の範囲外の)+ -curricular(カリキュラムの)



extraneous 【形】外部からの、異質の(⇔intrinsic)、本質に関係のない

 ※ラテン語 extraneous(外の、外国の)より



extravagant 【形】浪費する、ぜいたくな、(物・値段が)ばかに高い
         (行為・要求・意見・感情などが)度を超した

 ※extra(~の外の)+ -vagant(さまよう)=さまよい出る
  →(通常想定外の)度を超した



さて、今日のボキャブラリ編はここらへんまでで。

英単語力を効率的に伸ばして、英会話、英語学習に役立てましょう!


----------

■英語を話せるようになるためにはお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→話せる英会話なら「トークるズ!」
トー来るズロゴ青中



→→
楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」
[PR]
by tgeveryday | 2006-08-19 18:10 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリを増やそう!: 「intra/intro」は「~の中into」「内側=inside」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

英単語は、語源を利用して憶えることで、効率的に記憶でき、さらに忘れにくい、思い出しやすいという効果があります。

今日も語源を利用して、英単語を楽しく憶えていきましょう!!

さて、今日のボキャブラリ編ですが、引き続き、

「~の中」といった意味の言葉を見ていきたいと思います。


まとめをしますと、


8/14(月)は、「中心=center」という意味をもつ、「centr」を
http://tgeveryday.exblog.jp/4321737

8/15(火)は、「in/im/il/ir」は、「~の中に=in」、「~の中へ=into」
http://tgeveryday.exblog.jp/4329684

8/16(水)は、「en/em」は「~の中に=in、within」を
http://tgeveryday.exblog.jp/4356730


8/17(木)は、「endo」は「~の中に=in、within」を扱いました。
http://tgeveryday.exblog.jp/4356749


 今日は、最後になりますが、

「intra/intro」は「~の中へ=into」、「内側、内部=inside」を取り扱います。

これは、ラテン語のintroから来ている言葉で、上記のもの以外に、

「~以内に=within」の意味も持ちます。




 それでは、早速単語を探してきたいと思います。


まずは、最近の新しめの言葉ですが、


intranet 【名】イントラネット
       (会社など組織内部の情報交換のためのネットのこと)

 ※intra(内部)+ -net(ネット)



intracardial 【形】 心臓内の、心内膜の

 ※intra(内部)+ -cardi(心臓)+ al(形容詞化語尾)



introduce 【動】紹介する、導入する

 ※intro(~の中へ)+ -duce(導く)

 ※introduction【名】紹介、導入、披露

 ※introductory【形】紹介の、前置きに、入門的な

 ※introductive【形】=introductory



duce(導く)関連では、下記の言葉を要チェックです。


 ※conduct(導く、指揮する、管理する) 
            
       con(一緒に)+ duct(導く)


 ※educate(教育する、指導する)

       e(外へ)+ duc(導く)+ ate(~になるようにする)


 ※induce(~する気にさせる)
        
       in(中へ)+ duce(導く)


 ※produce(製造する、生み出す)

       pro(前へ)+ duce(導く)


※reduce(減少させる、縮小する)

       re(後ろへ)+ duce(導く)


では、もとに戻ります。


introspect 【動】内省する、反省する

 ※into(内側を)+ -spect(見る)

 ※introspective【形】内省的な



introvert  【形】 内向的な、内気な(⇔extrovert:外向的な)
      【動】 内に向ける

 ※intro(内側に)+ -vert(回る、向く)=内側に(気が)回る



最後に「vert=回る、向く」関連をチェックして今日のボキャブラリ編を終わります。



convert 【動】転換させる、切り替える

 ※con(強意:完全に)+ -vert(回る、向く)=完全に回す→反対を向かせる
  →転換させる



advertise 【動】広告宣伝する、公示する

 ※ad(~に)+ vert(回る、向く)+ ise(~させる)
  =(大衆に)(注意、情報を)向ける→宣伝する



divert 【動】脇へそらす、方向転換する、(注意を)そらす

 ※di(離れて)+ -vert(回る、向く)=そらす




さて、今日のボキャブラリ編は、この辺で。

英単語力を効率的に伸ばして、英会話、英語学習に役立てましょう!



----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-08-18 12:00 | 語源で増やすボキャブラリ!

大切なのは、まず信頼すること。

「大切なのは、まず信頼すること。

 信頼してだまされるなら、

 本望と思えば、

 案外人はだまされん」 

      松下幸之助


松下電器の初期の売り物は、有名な二股ソケットである。

このソケット、俗に言う「練物」という材料で作られていたそうだ。

松下の製品はこの技術が高く信頼されいた。

そろそろ人を増やして事業を拡大しなければいけないという時になって、同業者で、こう忠告する人がいた。

「やめといた方がええ。製法が外に漏れるし、わしらもあんたも損するで。」


しかし、幸之助はこう言った。


「自分の工場で働いてくれる仲間に、
 
 そんな態度でええんやろか。

 第一、秘密にしたらまことに面倒で能率も悪い。

 ここは、腹を決めて、人を信用せなあかんな。」


結果、製法は外に漏れることもなく、むしろ、

「重要な秘密を教えてくれてまで、

 仕事を任せてくれた。信頼されている。」

と、かえって従業員のやる気が上がり、工場の成績はますます伸びていったそうである。


世の中、やはり信頼してナンボ。

信頼することがまず最初と考えたい。


話せる英会話なら「トークるズ!」

トー来るズロゴ青中



→→
楽しいブログ「トークるズで英語と英会話」
[PR]
by tgeveryday | 2006-08-18 01:36 | 「よーし!柏木」こころの日記

ボキャブラリを増やそう!:「endo」は、「~の中に=in、within」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

英単語は、語源を利用して憶えることで、効率的に記憶でき、さらに忘れにくい、思い出しやすいという効果があります。

今日も語源を利用して、英単語を楽しく憶えていきましょう!! 

さて、今日のボキャブラリ編ですが、前回に引き続き、

「~の中」といった意味の言葉を見ていきたいと思います。



 前回は、「en/em」は「~の中に=in、within」を取り扱いましたが、

今日はちょっと似た感じですが、「endo」は「~の中に=in、within」です。



 これは、ギリシア語語源で、endon(~の中に)から来ています。

意味は、「~の中に」「内部」「内側」などです。




 それでは、早速単語を探してきたいと思います。



endoscope 【名】内視鏡、エンドスコープ

 ※endo(内部)+ -scope(鏡)



endocarp 【名】内果皮
      (梅、桃、さくらんぼなどの核のような、果皮の内側の層)

 ※endo(内部)+ -carp(果物、果実)

 ※pericarp【名】果皮 peri(周囲の)+ -carp(果実、果物)
 
 ※carpには、「鯉」「とがめる」以外に接頭辞、接尾辞として
 「果実」という意味があります。



endocrine 【名】内分泌物(=internal secretion)、
         ホルモン(=hormone)、内分泌腺
      【形】内分泌の、ホルモンの、内分泌腺の

 ※endo(内部)+ -crine(分ける)
  =体内で(他のものと)分けて(出される)

 ⇔exocrine【名】外分泌物 【形】外分泌腺の

  exo(外部)+ -crine(分ける)



endogamy 【名】同族結婚、自家受粉

 ※endo(内部)+ -gamy(結婚)

 ⇔exogamy【名】異族結婚

  exo(外部)+ -crine(分ける)




さて、今日の単語探しはここらへんまでにします。

やや専門的な難しい言葉が多いですが、余裕ある方は辞書を

引いてみて下さい。

英単語力を効率的に伸ばして、英会話、英語学習に役立てましょう!


次回は、「中」関連の最終回となります。


----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-08-17 11:56 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリを増やそう!:「en/em」は、「~の中に=in、within」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

英単語は、語源を利用して憶えることで、効率的に記憶でき、さらに忘れにくい、思い出しやすいという効果があります。

今日も語源を利用して、英単語を楽しく憶えていきましょう!!

 さて、前々回は、「中心=center」という意味をもつ、「centr」を

取り上げました。



 そして前回は、ラテン語を起源とする、「in/im/il/ir」は、

「~の中に=in」、「~の中へ=into」を取り上げました。


 今日は、

〈1〉「en/em」は、「~の中に=in、within」をあつかいます。

この言葉ですが、ギリシア語「en」と、ラテン語の「in」の

変化形が語源とされています。


この言葉は、意味と語法が広く、上記のもの以外に、

〈2〉(名詞につけて)~の中に入れる

〈3〉(名詞・形容詞につけて)~状態にあるようにする

〈4〉(動詞につけて他動詞化する)~させる、にする


があります。

せっかくですので、上記のものすべてを探していきたいと思います。


かなり多くの単語が存在しますが、主なものを見ていきたいと思います。



次に来る文字が「m,b,p」の場合は「em」となり、それ以外のものが、

「en」の形を取ります。



では、順に見ていきましょう!


〈1〉「en/em」は、「~の中に=in、into」
〈2〉(名詞につけて)~の中に入れる


からいきます。


embryo 【名】胎芽(人間の場合受精後8週間未満の生体、
      それ以降は「胎児=fetus」)、胚

 ※em(~の中に)+ -bryo(ふくらむ)
       



empathy 【名】感情移入、共感

 ※em(~の中に)+ -pathy(感情)



emperor 【名】皇帝

 ※em(~の中に)+ -peror(命令する)
  =国中に命令をする が語源



employ 【動】雇う、雇用する

 ※em(~の中に)+ -ploy(結びつける)

 ※employer【名】雇用者、雇っている人
  employee【名】従業員、雇われている人



enclose 【動】囲む、同封する、封入する

 ※en(~の中に)+ -close(閉じる)


encounter 【動】偶然出会う、直面する、交戦する

 ※en(~の中に)+ counter(~と反対に、逆らって)
  =敵陣に進入する→交戦する が語源。


endorse 【動】是認する、支持する、裏に書き込む

 ※en(~の中に)+ dorse(背)=背(裏)に書く
  →保証、是認する

  dorse(背)は、ラテン語「dorsum」より



endure  【動】】存続(持続)する、我慢する、名声を持続する

 ※(~の中に)+ dure(堅くなる)
  =中を堅くする→持続する



energy  【名】活力、エネルギー、活動力

 ※en(~の中に)+ ergy(仕事)
  =仕事(活動)の中にあるもの が原義



engine 【名】エンジン、機関

 ※en(~の中に)+ gine(生む)
  =内部で(力を)生み出すもの



engulf 【動】(波、火、戦争などが)飲み込む、巻き込む

 ※en(~の中に)+ gulf(湾)=湾の中に包み込む



enthusiasm 【名】熱狂、熱中、強い興味

 ※en(~の中に)+ thus(神)+ -asm(状態=ism)
  =こころの中に神がとりついた状態



envy 【動】うらやましく思う、ねたむ
   【名】ねたみ、嫉妬、うらやましさ

 ※en(~の中に)+ vy(見る)
  =内部を(怪しんで)見る が原義



embark 【動】乗船させる、積み込む、乗り込む

 ※em(~の中に入れる)+ -bark(帆船)



embody 【動】具体的に表現する、形態を与える、具現化する

 ※em(~の中に入れる)+ -body(肉体)
  =肉体に(形を)入れる→形を与える



embrace 【動】抱きしめる、包含する、抱き合う

 ※em(~の中に入れる)+ -brace(両腕)



enroll 【動】名簿に載せる、記録する、登録する

 ※em(~の中に入れる)+ -brace(名簿)



environment  【名】周囲の状況、環境

 ※em(~の中に入れる)+ -viron(円、輪)+ -ment(状態)
  =円の中にいれた状態→周囲の状態

  vironは、古フランス語で「円、輪」の意味です。




それでは、続いて、

〈3〉(名詞・形容詞につけて)~状態にあるようにする

こちらにいってみましょう。



enable 【動】~できるようにする、可能にする、作動させる

 ※en(~にする)+ -able(~できる)



encourage 【動】励ます、勇気づける

 ※en(~にする)+ -courage)(勇気)



endear 【動】(~に)いとしいと思わせる、慕わせる

 ※en(~にする)+ -dear(親しい)



enhance 【動】(価値、可能性、精度などを)高める

 ※en(~にする)+ -hance(高い)
 
  hance(高い)は、古フランス語hausserより



enforce 【動】実施する、強要する、押しつける

 ※en(~にする)+ -force(力)
  =力を与える、強くする が原義



enjoy 【動】楽しむ、享受する、愉快に過ごす

 ※en(~にする)+ -force(力)



enlarge 【動】大きくする、拡大する

 ※en(~にする)+ -large(大きい)



enrich 【動】富ませる、裕福にする、装飾する、富ませる

 ※en(~にする)+ -rich(豊か)



enslave 【動】奴隷にする、とりこにする

 ※en(~にする)+ -slave(奴隷)




では、最後に、

〈4〉(動詞につけて他動詞化する)~させる、にする

こちらにいってみましょう。



enkindle 【動】燃やす、燃え立たせる

 ※en(~させる)+ -kindle(火をおこす)



enlighten 【動】啓発する、啓蒙する、教える

 ※en(~させる)+ -lighten(明るくする)



enwrap 【動】をすっかり包む、くるむ、人の心を奪う

 ※en(~させる)+ -wrap(つつむ)
   



今日の単語はいかがでしたでしょうか?

英単語力を効率的に伸ばして、英会話、英語学習に役立てましょう!


次回も「中」関連です。


----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社         
[PR]
by tgeveryday | 2006-08-16 11:51 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリを増やそう!:「in/im/il/ir」は「~の中に=in」「~の中へ=into」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

英単語は、語源を利用して憶えることで、効率的に記憶でき、さらに忘れにくい、思い出しやすいという効果があります。

今日も語源を利用して、英単語を楽しく憶えていきましょう!!
 

この三日間のキーワードは、「中」です。

この「中」という言葉ですが、いくつかのニュアンスがあります。

「中心=center」、「~の中に=in」、「~の中へ=into」、

「~の内側に=inside」、「~以内に=within」といった具合です。



 昨日は、「中心=center」という意味をもつ、「centr」を

取り上げましたよね。



 今日は、「~の中に=in」、「~の中へ=into」というニュアンスを持つ

言葉の第一回目です。

 その言葉とは、ラテン語を起源とする、「in/im/il/ir」です。



 この言葉は、ずばりラテン語の「in」から来た言葉で意味は、

「~の中に=in」、「~の中へ=into」です。


 否定を表す接頭辞「in/im/il/ir」と同じスペリングになりますので、

意味が「否定」なのか「中」なのか単語を見たときに

間違わないようにして下さいね。



※過去記事、(「Il-」「Ir-」「In-」「Im-」は「否定」)はこちら

 http://tgeveryday.exblog.jp/4311701



 この言葉ですが、次にくる言葉の先頭の文字が「L」と「R」

の場合は、「I」の後に、同じ「L」と「R」を用い、それを

二回で重ねていきます。「ill」「irr」となります。


 また、次に来る文字が「B」「M」「P」の場合は、「im」を用います。


 それ以外は、「in」を用います。


 では、具体的に言葉を見ていきましょう。


illustrate 【動】図解(挿し絵)を入れる、例示(例証)する

 ※il(~の中へ)+ -lust(e)r(光沢、光)+ -ate(~させる:動詞化語尾)
  =(対象となるものの中へ)光を当てて光沢を出せる
  →図解し例示する(形を与えてわかりやすくする)

  (「lusterは、光沢、つや」といった意味の単語です)

 ※illustration【名】挿絵、図解、イラスト



immigrate  【動】(永住の目的で他国へ)移住する、移住させる

 ※im(の中へ)+ -migrate(移住する))

 ※immigrant【名】移民、入植者
       【形】移民の

 ※immigration【名】移住、移民、入国管理



この言葉ですが、似たような言葉があります。

使いわけがちょっと難しいですが、接頭辞を理解してればへっちゃらです。



emigrate 【動】(自国から他国へ)移住する

 ※ex(の外へ)+ -migrate(移住する)

 ※emigrant【名】(自国から他国への)移民

 ※emigration【名】(国外または他地域への)移住、出稼ぎ



migrate 【動】(たびたび集団で)移住する、(動物が周期的に)移動する、渡る
        (システム・操作方式・企画などを)切り換える

 ※migrator【名】移住者、移住動物意(特に、渡り鳥)


emigrateは、「外への移住」

immigrateは、「(外から)中への移住」

migrateは、「(方向性は問題とせず)移動する」


といった感じになります。

(「import=輸入する、export=輸出する」の関係に似ています)


辞書で例文などを参考にすると助けになると思います。



ちょっと脱線しました。

「in/im/il/ir」は、「~の中に=in」、「~の中へ=into」へ戻りたいと

思います。


impression 【名】(~への)印象、感銘

 ※im(~の中へ)+ -press(押し付ける)+ -ion(もの:名詞化語尾)
  =(心の)中に押し付けられたもの→印象


ここで、またちょっと脱線。


expression【名】表現、表現すること

 ※ex(外へ)+ -press(押し付ける)+ -ion(もの:名詞化語尾)
  =外へ押し出すもの→表現


また、もとに戻ります。


imprison 【動】刑務所に入れる、拘留する

 ※im(~の中へ)+ -prison(牢獄)



income 【名】所得、収入、臨時収入

 ※in(~の中へ)+ -come(来る)

 ⇔outgo【名】支出、出費
  expenditure【名】支出、費用



inflate 【動】膨らませる、膨張させる、物価をつりあげる

 ※in(~の中へ)+ -flate(吹く)

  flate(吹く)はラテン語flareより



inflation 【名】インフレーション、インフレ
       (一般物価水準の持続的上昇の結果、幣価値の低下が起こる状態)

      ⇔deflation【名】デフレーション、デフレ


inhale 【動】(空気・香り・ガスなどを)吸い込む
        (特に熱心に、がつがつと)食べる、飲み込む

 ※in(~の中へ)+ -hale(呼吸する)

  hale(吹く)はラテン語halare(呼吸する)より

 ⇔exhale【動】息を吐き出す、蒸散する、蒸発する



insert  【動】挿入する、差し込む

 ※in(~の中へ)+ -sert(つなぎ合わせる)



irrigate 【動】灌漑する、湿らせる

 ※ir(~の中へ)+ -rigate(水をひく)

  rigate(水をひく)はラテン語rigare(水をひく、浸す)より



irruption 【名】侵入、突入、(動物の)急増

 ※ir(~の中へ)+ -ruption(破裂、決裂)  

 



今日の単語はいかがでしたでしょうか?

英単語力を効率的に伸ばして、英会話、英語学習に役立てましょう!

明日も「中」関連の言葉を探って行きます!


----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-08-15 17:29 | 語源で増やすボキャブラリ!

私のミッション

私は本当に英語で苦労をしてきました。

しかし、留学経験などはまったくなく、何とか仕事や通常のコミュニケーションでの英語はマスターできました。

しかし、練習と苦労は大きかったです。

また、人生での成功、自己実現ということでは、もっと苦労をしています。

これは、今現在形でもいろいろやっている最中です。

苦労して身につけたことは、その過程も努力も方法もよく覚えているものです。

ですので、それを伝えていきたい。

世界でも英語力が低いとされる日本人の英語力を飛躍的にアップさせる。

そして、英語を身につけることで、その視野、見聞を広めて欲しい。

さらに、

皆さんの自己実現、夢実現のお手伝いをする。

これが現在の私の人生ミッションです。




話せる英会話なら「トークるズ!」

トー来るズロゴ青中



→→
楽しいブログ「トークるズで英語と英会話」
[PR]
by tgeveryday | 2006-08-14 18:15 | 「よーし!柏木」こころの日記

「休みなく祈る」

「休みなく祈る」という意味は、

目覚めている限り、生命についての永遠の原理から、


建設的に考えるということです。


神の法則と秩序が自分の人生を支配していると

考えながら、いつでも最善のことが起こるのだという

前向きな期待のうちに生活してください。


そうすれば、あなたは自動的に正しいことをするように

導かれることでしょう。


J・マーフィー著
「自分に奇跡を起こす心の法則」より。




この文章を読むと、「常に考えていること」の重要性が

痛いほどわかります。

「人間は自分が考えている通りの人間になる」とは、

アール・ナイチンゲール氏の名言です。

いつでも最善のこと起こるよう、前向きな期待で

生活をしていきたいと思います。

このことは、斎藤一人さんの「ツイてる、ツイテてる」にも近いところが

あると思います。 from よーし!柏木


話せる英会話なら「トークるズ!」

トー来るズロゴ青中



→→
楽しいブログ「トークるズで英語と英会話」
[PR]
by tgeveryday | 2006-08-14 18:13 | 「よーし!柏木」こころの日記

ボキャブラリを増やそう!:「centr」は「中心=center」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

英単語は、語源を利用して憶えることで、効率的に記憶でき、さらに忘れにくい、思い出しやすいという効果があります。

今日も語源を利用して、英単語を楽しく憶えていきましょう!!



今日から三日間、キーワードは、「中」です。

 一口に「中」といってもいろんなニュアンスがあります。

「中心=center」、「~の中に=in」、「~の中へ=into」、

「~の内側に=inside」、「~以内に=within」といった具合です。




 今日はまず、「中心=center」という意味をもつ、「centr」を

見ていきたいと思います。



 この言葉はラテン語のcentrumを起源とし、「中央」「中心」を意味します。


では、早速、単語を探していきます。


まずは、一番基本的な言葉から。




center 【名】中心、中心部、センター
    【動】集中する、中心になる

  (成句)

   front and center 中央前へ出よ!(号令)

    例)Front and center, on the double! 駆け足前へ!

  ※central【形】中心の、中央の、主要な

    例)central processing unit 中央演算装置(コンピュータのCPU)

      central London  ロンドン中心部
 
      central nerve  中枢神経



また、語源そのものが英語で使われることもあります。



centrum  【名】中心(=center)、(地震の)震源(=Pfocus)



では、他にどんな単語があるか見ていきましょう。



concentrate 【動】集中する、一箇所に集める、凝縮する

  ※con(一緒に)+ -centr(中心)+ -ate(~させる:動詞化語)

   例)concentrate oneself on the game
        ゲームに熱中する

     Can't you let me concentrate?
        私の気を散らさないようにしてくれ

  ※concentration【名】集中、専心、集合体




eccentric 【形】風変わりな、エキセントリックな、(円、球が)偏心した
      【名】常軌を逸した人、奇人、風変わりなもの


  ※ec(~以外の:exの異型)+ -centr(中心)+ -ic(のような)
   =中心からはずれた→風変わりな




egocentric 【名】自己中心的な、自分勝手な

  ※ego(自己)+ -centr(中心)+ -ic(のような)

   例)an egocentric way of thinking わがまま勝手な考え方




anthropocentric 【形】人間中心的な、人間を宇宙の中心的存在とみなす

  ※anthropo(人間)+ -centr(中心)+ -ic(のような)




geocentric 【形】地球中心の(⇔heliocentric:太陽中心の)

  ※geo(大地、地球)+ -centr(中心)+ -ic(のような)
 
   例)a geocentric theory of the universe 地球中心説.





他、「~中心主義」のような言葉えでもしばしば使われます。



Anglocentric 【形】英国中心の

  ※Anglo(英国の)+ -centr(中心)+ -ic(のような)



Eurocentric  【形】ヨーロッパ中心の

  ※Euro(欧州の)+ -centr(中心)+ -ic(のような)




今日の単語はいかがでしたでしょうか?


英単語力を効率的に伸ばして、英会話、英語学習に役立てましょう!


明日も「中」関連の言葉を探って行きます!



----------

■英語が話せるようになるためには、大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中







(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-08-14 09:32 | 語源で増やすボキャブラリ!