アキュワーズ代表の柏木です。言葉を習得すると世界が一気に広がります。英語を習得し、世界を広げ、素敵な未来を創っていきましょう!
by tgeveryday
カテゴリ
英語生活のすすめ
語源で増やすボキャブラリ!
心に響く繰りかえし読みたい英語
「よーし!柏木」こころの日記
お知らせ
以前の記事
2006年 12月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ボキャブラリを増やそう!:「Non-」は「否定」

みなさん、英会話、英語学習してますか!? 

さて、こちらのボキャブラリ編ですが、
今回で三回目になります「否定」の意味を持つ接頭辞を取り扱います。

一回目の「Dis-」二回目の「Il-」「Ir-」「In-」「Im-」に続いて
今日は同じラテン語語源の「Non-」です。

「Dis-」や「Il-」「Ir-」「In-」「Im-」は、同じ否定でも、
「反対」「逆」「反~」を表すのに対して、「欠如」や「~でない」
などの消極的否定を表します。

「Non-」の場合、日本語で表現するなら、「非」「不」「無」が
その意味にあたります。

実は、否定の意味を持つ、接頭辞や接尾辞は非常に多く、来週の3回の
配信も、すべて「否定」になりますので、よろしくおねがいたします。

さて、それでは早速単語を探していきます。



nonapproved  【形】 承認されていない、未承認の、不適格の

       ⇔approved 【形】 認可された(略形はAPPD)


nonalcohol 【形】ソフトドリンクの、アルコールが(ほとんど)入っていない

     (non-alcoholともつづる、また略形は、nonalcまたは、non-alc)


nonbank    【名】 ノンバンク、銀行以外の金融機関

      ※non(非)+ bank(銀行)


noncaloric  【形】 ノンカロリーの、無カロリーの

      ⇔caloric 【名】 熱、熱素{ねっそ}
           【形】 (高)カロリーの、熱の

      ※non(非)+ caloric(高カロリーの)


nonconformist  【名】 体制などに従わない人、非協力者

      ⇔conformist 【名】 遵法者


nondisclosure 【名】 非公開、非開示

      ⇔【名】 (秘密の)公表、公開

    (nondisclosure agreement は、機密保持契約、守秘義務契約
     略形は、NDA)


nondirectional  【形】 無方向性の、無指向性の

      ⇔【形】指向性の、方向の

    (nondirectional antenna 、無指向性アンテナ
     nondirectional microphone 無指向性マイクロホン)


nondiscriminational 【形】 無差別の

(nondiscriminational terrorism  無差別テロ)


nonexclusive  【形】 非独占の、非排他的な、

      ⇔【形】 排他的な、独占的な


nonexistent 【形】 存在しない

⇔existent【形】 実在する、既成の、現行の


nonfiction 【名】 ノンフィクション

⇔fiction【名】 フィクション、小説、作り事


nonpartisan 【形】 党派に属さない
(=nonpartizan)

⇔partisan【名】 味方、同志、党員


nonprofessional   【名】 素人、ノンプロ
          【形】 ノンプロの、プロの訓練を受けていない

      ⇔professional 【名】 プロ選手、専門家
【形】 プロ(として)の、プロに徹した
 
      (nonprofessional baseball  ノンプロ野球)


nonprofit 【形】 非営利の

⇔profit 【名】 利益、収益、利潤
    【動】 利益を得る、儲ける

      (nonprofit body 非営利団体、nonprofit business 非営利事業)


nonproliferation 【名】 (核、化学兵器の)不拡散、非拡散、拡散防止

       ⇔proliferation 【名】 拡散、蔓延、増殖


nonviolent 【形】 非暴力の、非暴力主義的な

⇔violent【形】 暴力的な、乱暴な、激しい、強烈な


nonsense 【名】 意味をなさないもの、ナンセンス、ばかげたこと

⇔sense 【名】 感覚、知覚、意味、意義、良識


nonstarter  【名】 出走取り消しの馬、(やるべきことに)取り掛からない人
           成功の見込みがない人


nonstop 【名】 (飛行機・電車・バスなどの)直行便
【形】 ノンストップの、直行(便)の、


non-Euclidean geometry 【名】非ユークリッド幾何学

       ※non(非)+ Euclidean geometry (ユーグリッド幾何学)


non-marquee  【形】 人気の低い

      ※(参考)movie marquee  映画館の看板
           marquee player 看板俳優、人気選手
head of the marquee 映画に表示される出演者順位のトップ


non-REM sleep 【名】ノンレム睡眠

      ⇔REM sleep 【名】レム睡眠、急速眼球運動睡眠
       (REM=rapid eye movement)




さて、いかがでしたでしょうか?

Nonを使った単語は非常にたくさんあります。

辞書を引いてみてください。

次回も否定の意味の接頭辞を扱います。

どんどん!単語を増やしていきましょう!

----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-07-12 17:53 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリを増やそう!:「Il-」「Ir-」「In-」「Im-」は「否定」

みなさん、英会話、英語学習してますか!? 

さて、こちらのボキャブラリ編ですが、
前回のメルマガ同様に「否定」の意味を持つ接頭辞を取り扱います。

前回は、「Dis-」でしたが、今回は同じラテン語語源の
「Il-」「Ir-」「In-」「Im-」です。

基本的には次にくる言葉の先頭が「L」と「R」
の場合は、「I」の後に、「L」と「R」が重なっていきます。

例をあげます。


legal 【形】 法律(上)の、法定の、適法の、合法的な

という単語がありますが、これの反対は、I+(legalの最初の[l]を重ねて)


illegal 【形】違法の、不法の、非合法の

となります。


では、今日は元の言葉と反意の言葉を比べていく形で
記述していきたいと思います。



illicit 【形】(道徳的、倫理的、法的)に認められない

     ⇔licit 【形】 正当な


illiteracy 【名】 読み書きができないこと、 無学、無知

     ⇔literacy 【名】 読み書きの能力があること、教養があること


immortal 【名】 不死の人、名声不朽の人
【形】 (人が)死なない、不死身の、
         (人の功績・作品・名声などが)不朽の

⇔mortal 【形】 死を免れない、臨終の、死すべき、死ぬべき運命の
【名】(神に対して命の限りある)人間


immediate 【形】 即時の、即座の、迅速な、すぐ隣の、 直接の

⇔mediate 【形】 仲介の、間接の

     ※im(否定)+ mediate(仲介)=仲介物を置かない→直接の→即時の


immense 【形】巨大な、広大な、計り知れない

     ※im(否定)+ mense(計る)=計り知れない(ほど大きい)

     ※この言葉の直接的な反意語はありません。
      (menseは別の意味があります)


immoral 【形】 不道徳な、モラルに反する、背徳の

⇔moral 【形】 道徳の、道徳上の、行いの正しい、道義をわきまえ

          【名】 道徳、教訓、品行



immature 【名】 未成熟者、若鳥
      【形】 未熟な、未完成の、未発達の、若い、子どもっぽい

     ⇔mature 【形】(果実・ワイン・チーズなどが)熟した、
             (動物・植物・人の心身などが)成熟した、十分に成
長した


irregular 【形】 不規則の、不均整の、むらのある、でこぼこの、変則的な

⇔regular 【名】 常連(客)、正会員、 標準サイズ
           【形-1】 習慣的な、いつもの、常連の、整然とした、原
則にのっとった


irrational 【名】 無理数、不合理なこと
       【形】 不合理な、分別のない、無理数の

     ⇔rational 【名】 論理的根拠
【形】 理性的な、道理にかなった、有理数の


irrelevant  【形】見当違いの、無関係の、不適切な、無意味な

⇔relevant 【形】 関係のある、適切な、関連した、該当する


irresistible 【形】 非常に魅力的な、否応のない、抵抗できない、

⇔resistible 【形】 抵抗できる、我慢できる、反抗できる


irresponsible 【名】 責任のない人、責任感のない人
【形】 無責任な、信頼できない

⇔responsible 【形】 責任がある、責任を負うべき、~の原因である



さてさて、ここで、「In-」「Im-」に移っていきますが、
この二つは「Il-」「Ir-」と違って文字を繰り返しません。


例をあげます。


independent 【名】 独立自立している人(物)、無所属の人、
政党に属さない人
        【形】 独立した、自主性のある、ほかに依存しない

  ⇔dependent【名】 他人に頼って生活している人、扶養家族
            【形】 頼っている、依存している、従属している、
              扶養されている


こんな具合です。そして、この接頭辞の次に来る言葉が「P」で始まる場合、
「In-」は、「Im-」と形を変えます。「m」は繰り返しません。

例をあげます。



impossible  【名】《the ~》不可能なこと、不可能と思えること
       【形】 不可能な、とてもあり得ない、できない

      ⇔possible 【名】 《the ~》可能なこと、可能性
【形】 可能性がある、起こり得る、あり得る


こんな感じです。

では、ほかの単語を探していきます。



inability 【名】 無能、不能、無力、無資格
 
      ⇔ability 【名】 能力、才能


inaccurate 【形】 不確かな、精密でない、不正確な

⇔accurate 【形】 正確な、精密な、しゅうとうな


inadequate 【形】 不十分な、不適切な

⇔adequate 【形】 適切な、適当な、十分な、適任の


inappropriate 【形】 不適切な、不適当な、妥当でない

⇔appropriate 【形】 (~に)適した、適切な、適当な


incapable 【形】 能力がない、(~が)できない、役に立たない、無資格の

      ⇔capable 【形】 能力がある、有能な


incompetent 【名】 無能者、不適任者、無資格者
【形】 無能な、無力な、(~する)力のない、不適任な

⇔competent 【形】 有能な、優秀な、 法的能力を有する


incomplete 【形】 不完全な、不十分な、未完成の

⇔complete 【形】完全な、全部の、完成した


inconsistent 【形】 矛盾した、一貫性のない、つじつまの合わない

      ⇔consistent 【形】(言行が)一致した、一貫性のある、
矛盾のない


inconvenience 【名】 不便、不都合、不自由

⇔convenience 【名-1】 便利、好都合、便利なもの


incorrect  【形】 間違いの、事実に反する、正しくない

      ⇔correct 【形】 正しい、正確な、誤りのない


incredible 【形】 信じられない、信じ難い、信じられないほど)すばらしい
、すごい

⇔credible 【形】 信じられる、信用できる、確かな


indirect  【形】 間接の、間接的な

      ⇔direct 【形】 直接の、まっすぐな、率直な


indispensable 【形】 必須の、絶対に必要な、不可欠の

⇔dispensable 【形】 なくても済む、重要でない


ineffective  【形】 効果のない、無効な、無力な

      ⇔effective 【形】効果的な、効率的な、有効な


inevitable 【形】 避けられない、当然の、必然的な

⇔evitable 【形】 避けられる


infamous 【形】 悪名高い、評判の悪い、恥ずべき

⇔famous 【形】 名高い、高名な、有名な


informal 【形】 形式張らない、正式でない、非公式の、略式の

⇔formal 【形】正式の、形にはまった、形式にかなった


insecurity 【名】 不安感、不安定、頼りなさ

⇔secutiry 【名】 安全、安心感、警備、セキュリティー


invisible   【形】 目に見えない、不可視の、目につかない

      ⇔visible 【形】 目に見える、可視の


impatient 【形】 我慢できない、耐えられない、せっかちな

⇔patient 【形】 辛抱強い、我慢強い、根気よく働く
【名】 病人、患者

imperfect 【名】 未完了(時制)
【形】 不完全な、不十分な

⇔perfect 【名】 完了時制
【形】 完ぺきな、完全な


improper 【形】 適切でない、不適切な、不適当な

⇔proper 【形】 適切な、正確な、きちんとした






さて、いかがでしたでしょうか?

辞書をひくとさらにたくさんの「Il-」「Ir-」「In-」「Im-」があります。

否定以外の意味を持つ「In-」なども見つかると思います。

じゃんじゃんと辞書をひいてみてください。

次回も否定の意味の接頭辞を扱います。

どんどん!単語を増やしていきましょう!



----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-07-11 17:52 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリを増やそう!:「Dis-」は「否定」「分離」「除去」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?
 
さて、こちらのボキャブラリ編ですが、今日から当分、「否定」の
意味を表す接頭辞を取り扱おうと思います。

まずは、ラテン語語源のものが3個ありますが、最初に取り上げますのは、
「Dis-」です。

基本的には、「Dis-」の後の言葉の反対の意味を表すわけですから、意味は
取りやすいと思います。一気にボキャブラリをふやしましょう!

また、「Dis-」には「否定」以外に「離れて」という「分離」の意味や
「除去」という意味もありますので注意してください。

では、いってみよ~!(ドリフの長さん風、笑)



disable 【動】 (機能を)無効にする (⇔enable)

    ※dis(否定)+ -able(~できる)


disabled 【名】 (the ~)身体障害者、体の不自由な人
【形】 障害のある、負傷{ふしょう}した


disadvantage 【名】 不利、損害、不都合、不便

  ※dis(否定)+ -advantage(有利)


disagree 【動】 一致しない、意見が合わない、同意しない

    ※dis(否定)+ -agree(同意する)


disappear 【動】 見えなくなる、姿を消す、消失する

    ※dis(否定)+ -appear(見えてくる)


disappoint 他動】 ~を落胆させる、失望させる、がっかりさせる

  ※dis(否定)+ -appoint(指名する)→指名しない→がっかりさせる

  ※disappointed 【形】 がっかりした、落胆した、失望した
 
  ※disappointing 【形】 失望させるような、つまらない


disapprove 【動】 ~に不賛成である、~を好ましくないと思う

    ※dis(否定)+ -approve(賛成する)


disarm 【動】 ~の武装を解除する、軍備を縮小する

  ※dis(否定)+ -arm(軍備、軍備する)

  ※disarmament 【名】軍備縮小


disaster 【名】 災害、天災、完全な失敗

    ※dis(離れて)+ -aster(星)→幸運の星から離れてが原義
 
    ※disastrous 【形】 災害を引き起こす、破滅的な、悲惨な


disbelief  【名】 信じないこと、疑惑、疑念、懐疑、不信

    ※dis(否定)+ -belief(信じること)


discard 【名】放棄、(トランプの)捨て札
      【動】捨てる、切り捨てる、(不要なカードを)捨てる

  ※dis(除去)+ -card(カード、札)→カードを捨てる


disclose 【動】 公開する、発表する、開示する

  ※dis(否定)+ -close(閉じる)=隠していたものを公開するが原義

    ※disclosure 【名】効果、発表、開示


disconnect 【名】切断、断絶、連絡を絶つこと
       【動】接続を切る、(電話などを)切る、連絡を絶つ

    ※dis(否定)+ -connect(つなぐ)


discontent 【名】 不満、不平
【動】不満をいだく、不機嫌になる

    ※dis(否定)+ -content(満足した)


discount   【名】割引、ディスカウント、安売り
       【動】割引する、軽視する

    ※dis(否定)+ -count(勘定する)=反対に勘定する→安くする



カウント(count)は、勘定を積み上げて「数え上げる」こと。
つまり、数字が足し算で増えていくこと。
その反対なので、「安くする」と考えればいいと思います。



discourage  【動】人のやる気をそぐ、落胆させる、(~するのを)やめさせる

    ※dis(除去)+ -courage(勇気)


discover 【動】発見する

    ※dis(除去)+ -cover(覆い)

  ※discovery 【名】発見


覆いをあけるとそこには新しいもの、つまり発見があったってことですね。

この言葉に関連して、ちょっと脱線ですが、


unveil  【動】ベールを取る、除幕式を行う、秘密を明かす、正体を現す

   ※un(否定)+ -veil(ベールで覆う)

があります。これは、隠されていたものの「ベールをはぐ」といった言葉です。

では、「Dis-」に戻りたいと思います。




discuss 【動】話し合う、討論する、議論する

    ※dis(分離)+ -cus(ゆさぶる)=(言葉を)ゆさぶりばらばらとさせる
    →話し合う、討論する

    ※discussion 【名】話し合い、議論、討論


disease 【名】病気、疾病

    ※dis(否定)+ -ease(安楽)=安楽でない→病気


disgrace 【名】不名誉、恥辱

    ※dis(否定)+ -grace(名誉、面目)


dishonest  【形】不正直な、不誠実な

    ※dis(否定)+ -honest(正直な、誠実な)


disillusion 【名】迷いから覚めること、覚醒
        【動】迷いを覚まさせる、覚醒させる

   ※dis(除去)+ -illusion(幻覚、幻想)


disintegrate 【動】ばらばらにする、崩壊させる

   ※dis(否定)+ -integrate(統合する)


dislocate 【動】位置をかえる、脱臼する

   ※dis(分離)+ -locate(位置を決める)


dismiss 【動】解散させる、解雇する、解任する

   ※dis(分離)+ -miss(送る)→去らせる→解散、解任

※dismissal 【名】退去、解散、解雇


disorder  【名】無秩序、混乱、騒動

   ※dis(否定)+ -order(秩序)


displace  【動】移す、置き換える、取って代わる、追放する

   ※dis(否定)+ -place(置く)


display  【名】表示、ディスプレイ、陳列、展示
      【動】表示する、陳列する、展示する

   ※dis(否定)+ -play(たたむ=ply)=広げる、展示する


dispute 【名】論争、口論、争議
      【動】論争する、異議を唱える、反論する

   ※dis(否定)+ -pute(考える)=反対した考え方をする

   ※puteに関連した言葉にcomputerがあります。
    (com(一緒に)+ pute(考える、計算する)+r(もの)
     =コンピューター)


dissolve 【動】溶かす、分解する、解消する

   ※dis(分離)+ -solve(解く)


distant 【形】遠い

   ※dis(分離)+ -stant(立っている)→離れて立っている


distinguish  【動】見分ける、識別する、区別する

   ※dis(分離)+ -sting[uish](突き刺す)
    =突き刺して印をつけて分けて区別するが原義

   ※distinguished 【形】優れた、抜群の、有名な、顕著な


distract   【動】(注意などを)そらす、紛らす、散らす、気晴らしさせる

   ※dis(分離)+ -tract(引っ張る)=(気を)引き離す
   (tractに関連して、tractor=トラクター、牽引車)

   ※distraction 【名】注意散漫、気晴らし、乱心


distribute  【動】分配する、配布する、割り当てる

   ※dis(分離)+ -tribute(割り当てる)=分配する
   (現代英語でtributeは、【名】 貢ぎ物、贈り物、賛辞、感謝のしるし)

   ※distribution 【名】配分、配給、配布、配達、配当、分類


distrust 【名】 不信、疑惑
【動】 ~を疑う、信用しない

※dis(否定)+ -trust(信用する)



さて、いかがでしたでしょうか?

辞書をひくとさらにたくさんの「Dis-」の単語が見つかると思います。

次回も否定の意味の接頭辞を扱います。

どんどん!意味の理解できる単語を増やしていきましょう!


----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-07-09 17:48 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリーを増やそう!:「Scrib」「Scrip」は「書く」

みなさん、英会話、英語学習してますか! 

さて、今日のボキャブラリー編ですが、前回のメルマガを思い出して
いただけますでしょうか?ギリシア語語源の「Graph」は「書く」を
扱いました。

http://tgeveryday.exblog.jp/m2006-07-01/#4311597

今日は同様に「書く」という意味を持つ、ラテン語語源の「Scrib」「Scrip」を

追っていきます。



まず最初に、一番シンプルな言葉からいってみましょう。


script  【名】 手書き、原文、筆跡、文字、筆記体、脚本、台本

  ※ラテン語scriptum(書かれた[もの])より


これから派生して、


the Scripture 【名】聖書(the Bible)

  ※Holy Scripture, the (Holy) Scripturesともいう

  ※script(書く)+ -ure(結果)=書かれたもの


という言葉もあります。

さらに言葉を探していきます。


manuscript 【名】 原稿、手書きのもの、手書き原稿

※manu(手)+ -script(書かれた)


subscribe  【動】寄付する、サインする、同意する、参加申し込みをする

  ※sub(下へ)+ -scribe(書く)=下に書く→サインする


describe 【動】描写する、記述する、~と評する

  ※de(下へ)+ -scribe(書く)=書き留める

  ※上の例と違いが微妙ですが、結果としての意味はだいぶ違いますので、
   気をつけて下さい。


description 【名】記述、描写、解説、人相書き


inscribe 【動】記入する、刻み込む、銘記する

  ※in(中へ)+ -scribe(書く)=刻む


inscription 【名】記されたもの、題辞、碑文


ascribe   【動】(の原因を~に)帰する、(のものと)考える

   ◎文例 He ascribes his poverty to bad luck.
  (彼は彼の貧困を不運のせいにする。)

  ※a(~へ)+ -scribe(書く)=(~へ)書く
    →書いて(~の)せいにする。


prescribe  【動】(規則などを)指示する、(罰則などを)規定する、処方する

  ※pre(事前に)+ -scribe(書く)=指示、処方する


prescription 【名】指示、規定、処方箋


以上のような言葉があります。

また、

scribble 【名】 殴り書き、走り書き、落書き
     【動】 殴り書きする、走り書きする

こんな言葉もあります。



最後になりましたが、

英語って、よくわからない記号の集まりのように感じてましてが、
実際には、漢字が偏(へん)と旁(つくり)から意味を生み出しいくように
意味と意味の合体によって新しい言葉を作っていくというにたような
ことが行われていたのですね!

実は、単語単語も意味のない記号ではなく、よく見れば納得の言葉だったんですね。


----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-07-08 17:35 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリーを増やそう!:「Graph」は「書く」「書かれたもの」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?
 

さて、今日のボキャブラリー編ですが、ギリシア語語源の語根として活躍する、
「Graph」は「書く」を追っていきたいと思います。

まず最初に、

graph  【名】 グラフ、図式

そのままの言葉として、英語で存在します。


そして、

graphic 【形】 グラフィックの、図形の、グラフの
    【名】 図、図形、挿絵、地図

こんな基本的な言葉があります。


では、接頭辞、接尾辞の例を見ていきたいと思います。


geography 【名】 地理学、 地形

   ※geo(土地)+ -graphy(書かれたもの)
    =土地について書かれたもの→地理


biography 【名】 伝記、経歴、一代記


   ※bio(生命、人生)+ -graphy(書かれたもの)
    =人生について書かれたもの→伝記、一代記


autobiography 【名】 自伝、自叙伝

   ※auto(自分の)+bio(生命、人生)+ -graphy(書かれたもの)
     =自分の人生について書かれたもの→自伝


autograph 【名】 自筆、肉筆(の文書)、署名、(有名人からもらう)サイン

   ※auto(自分の)+graph(書く)=自分で書いたもの
     →自筆、肉筆、署名


photograph 【名】 写真

※photo(光、写真の)+ -graph(書く)=光で書かれたもの


telegraph 【名】 電報、電信

※tele(遠くへ)+ -graph(書く)=遠くへ書かれたもの(を送る)


paragraph 【名】 段落、ひとまとまりの文章、パラグラフ

※para(わきへ)+ -graph(書く)
    古くは文章のわきに段落を示す線を書いていたことが由来とのことです。


graphology 【名】 筆跡学、筆相学

※graph(書く、書かれたもの)+ -logy(言葉、~学)
    =書かれたものに関する学問


calligraphy 【名】 達筆、書道

   ※call[i](美)+ -graphy(書く)=達筆、書道
  
 ※call[i]はギリシア語Kallos(美)の変形


homograph 【名】 同形異義語(どうけいいぎご)

※同じスペリングだが異なる意味と語源を持つ言葉

   ※たとえば、lead 【動】 導く
         lead 【名】 鉛 (ledとも綴る)

         bear 【動】 耐える
         bear 【名】 熊    など

※homo(同一の)+ -graph(書かれたもの)


lithograph 【名】リトグラフ、石版画

   ※lith[o](石の)+ -graph(書かれたもの)=石版画



さて、今日のボキャブラリー編は如何でしたでしょうか?
明日も「書く」という意味を持つ、別の言葉を取り扱います!

----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しい
[PR]
by tgeveryday | 2006-07-07 17:33 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリーを増やそう!:「Cour-」「Cor(d)」は「心」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

さて、今日は「Cour-」「Cor(d)」は「心」を扱って行きます。
特に「Cord」は接尾辞にもなっていきますので、注意してみていきましょう。
この言葉はラテン語語源です。

まずは、日本語にもなっている言葉からの紹介です。


record   【名】 レコード、 記録、経歴、(スポーツなどの)最高記録
【動】 記録する、録音する

   ※re(再び)+ -cord(心)=再び心に戻る、思い出す


core    【名】 (果物の)芯、核心、中核、中心

   ※ラテン語cor(心、中心)より


それでは、次には、ホンダの車の名前にもなっている「アコード」です。


accord  【名】 調和、一致、合意(=agreement)
     【動】(自) 一致する、調和する
        (他)~を(~と)一致させる、合致させる

   ※ac(~の方へ)+ -cord(心、中心)=中心へ向かって進む→調和、一致

   (熟語)with one accord 一斉に、満場一致で

関連語句としては、

accordance 【名】調和、一致

   (熟語)in accordance with~  ~に従って


discourage 【動】(人)のやる気をそぐ、(人)を失望させる、
         (~するのを)やめさせる、思いとどまらせる


discouraging 【形】 落胆させる、(人の)やる気をそぐような

があります。


他には、どんな単語があるでしょうか?
どんどん見ていきましょう。

courage 【名】勇気、勇敢、度胸、大胆(⇔cowardice)

    ※cor(心、心臓)+ -age(場所)=心のある場所

これに関連して、

courageous 【形】 勇気のある、勇敢な、精神的に強い

があります。
続けて調べていきます。


cordial 【形】 誠心誠意の、思いやりのある、心のこもった、心からの
【名】 元気づけるもの

    ※cor[d](心)+ -ial(~の)=心からの

    ※日興コーディアル証券という会社がありますよね。

関連語句として、

cordially 【副】 心から、真心を込めて、誠意を持って

そして、さらに

concord 【名】 一致、調和、協調、協定、協和音(⇔discord)

※con(一緒に)+ -cord(心)=二つの心が一緒に→一致、協定


discord  【名】 不和、不一致、心のぶつかり合い、
         不協和音(⇔concord、harmony)

   ※dis(不、否定)+ -cord(心)=心が合わない


最後に、日本語にもなっているコードはどうでしょう?
実はこれはギリシア語源の別語源の言葉でした。
ギリシア語で、cordは、「腸、腸で作った弦」の意味だそうです。

cord 【名】 ひも、より糸(電気の)コード

----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-07-06 17:27 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリーを増やそう!:「Fid-」「Feder-」は「信じる」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?


今日は、「Fid-」「Feder-」は「信じる」というテーマです。


 皆さん、国際宅配便のFedExってありますよね。これの元々のフル・ネームは、
Federal Expressです。ところで

 federalってどんな意味?

federal 【形】(政府・国家が)連邦制の、連合の

 実はこの単語のfeederの部分に「同盟」といった意味があるのです。「同盟」なら
「信じられる」ということで、「信じる」という意味も同時にあるわけです。

 federal関連でもう少し単語を追ってみましょう。


FBI   =Federal Bureau of Investigation

    【名】アメリカ連邦捜査局

    (アメリカ国内の複数の州にまたがる犯罪の捜査、公安情報の収集を
     任務とする司法省の捜査部門のこと)


Federal Constitution

     【名】合衆国憲法=Constitution of the United States

Federal Republic of Germany

     【名】ドイツ連邦共和国


Federal City  【名】Washington, D.C. の俗称


 federal~で辞書をしいていくと、いろいろ「連邦~」という固有名詞が
多く出てくるとと思います。

 さて、次にfederalの名詞形のfederationを見てみます。


federation  【名】 同盟、連合

Federation of Malaysia 【名】 マレーシア連邦


では、本題に戻って、「Fid-」「Feder」を含む言葉を探していきます。

confidence  【名】 信頼、信用、確信、自信、秘密

    ※con(完全に)+fid[ence](信じる)=信用、確信

confident 【形】 自信のある、大胆な、自信に満ちた、安心する


confidential 【形】 秘密の、他言無用の、信用のおける、頼りになる
      【名】 親展、極秘、機密

※手紙や文書にかかれます。
    (あなたを信用しているので秘密という意味)

confederate 【形】 同盟した
【名】 共犯者、共謀者、連合国
        【動】 連合する、連盟する


fidelity 【名】 厳守、忠誠、忠実、貞節

    ※「信頼できる」ものは、「忠実」というニュアンスで憶えると
     いいと思います。


以上のような単語があります。

また、次のものは、ちょっと語形が変わってますが、近い語源のものです。


defy 【動】 反抗する、逆らう、無視する、拒む、拒否する

※de(否定)+ -fy(信じる)=信じない→反抗する、拒否する


 最後になりますが、「Cred-」も「信じる」「信用」という意味を持ちます。

http://tgeveryday.exblog.jp/4300364


----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-07-05 17:18 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリーを増やそう!:「Se-」「Sed-」は「離れて」

みなさん、英会話、英語学習してますか

このコーナーでは、4回続けて、「離れて」というニュアンスを持った
接頭辞を取り上げてきました。

「Tele-」「遠い」「離れて」(ギリシア語語源)
「Ab-」「Abs-」「離れて」(ラテン語語源)
「Apo-」「Ap-」「離れて」「十分に」「まったく(ギリシア語語源)」

(前々々回記事)

http://tgeveryday.exblog.jp/d2006-06-30

(前々回記事)

http://tgeveryday.exblog.jp/d2006-07-01

(前回記事)

http://tgeveryday.exblog.jp/d2006-07-02


今日は「離れて」という意味を持つ接頭辞の最終回です。
「Se-」「Sed-」を見ていきたいと思います。

「離れて」以外にも「~無しで」といった意味も持ちます。

今回の「Se-」「Sed-」はラテン語起源です。


では、早速、言葉を捜索してみましょう。


secret 【名】秘密、機密、内緒事、秘訣、極意

   ※se(離れたところに)+ -cret(分けられた)

    離れたところに分けられたものなので、秘密機密なのですね。
    また、秘密機密は、離れておかれてますよね。


select 【形】 えり抜きの、精選された
【動】 選ぶ、選択する

   ※se(離れたところに)+ -lect(集める)
  
    離れたところに集めるということは「選りすぐる」ことですよね。

※ここで、「lect」に関連した語句を探してみます、

   collect 【動】 ~を集める、収集する、徴収する
    
      ※col(共に)+ -lect(集める)

   recollect 【動】思い出す、回想する

      ※re(再び)+ -collect(集める)

   elect 【動】 (選挙や投票によって)~を選ぶ、選出する

      ※e(外へ)+ -lect(集める)→選び出す

   neglect 【動】 (不注意で、余裕が無くて)無視する、軽視する

      ※neg(=not ~しない)+ -lect(集める)→集めない
       →おろそかにする→無視、軽視


selection 【名】 選ぶこと、選択、選ばれた物(または[人])


secure  【形】 安全な、確実な、不安のない、
     【動】 ~を確保する、 ~を(…に)固定する、保証する

   ※se(~無しで)+ -cure(世話=care、心配、治療)

    心配から「離れて」いるので、心配が「無い」状態のことのようです。
    このように「Se-」は、「~が無い」といった意味も持ちます。

   ※この「cure」ですが、関連語句があります。
(詳しい意味は辞書を引いてみてくださいね)

   cure 【名】 治療、治療剤、療養、治癒
      【動】 (病気を)治す、~を治療する

curious 【形】 好奇心をそそる、好奇心の強い
  
procure 【動】(努力苦労して)手に入れる、獲得する

    ※pro(前もって)+ -cure(世話をする)

manicure 【名】 マニキュア

※man(i)(手)+ -cure(世話、手入れ)
   
pedicure 【名】 ペディキュア、足治療

※ped(i)(足)+ -cure(世話、手入れ、治療)


「Man-」(手)「Ped-」(足)の話は下記バックナンバーでどうぞ。

  (ボキャブラリーを増やそう!「Manu-」「Man-」は「手」)

  http://tgeveryday.exblog.jp/m2006-06-01#4289364

  (ボキャブラリーを増やそう!「Ped-」「Pedi-」は「足」)

 http://tgeveryday.exblog.jp/m2006-06-01#4289380



話を「Se-」「Sed-」は、「離れて」「~無しで」に戻します。


seduce 【動】 誘惑する、そそのかす、魅惑する

※se(離れて[わきへ])+ -duce(導く)
    本道から脇道へ導くので、誘惑する、そそのかすといったちょっと
    悪い意味が出てくるのですね。

   ※「duce」関連をちょっと探してみます。
   (詳しい意味は辞書を引いてみてくださいね)

   produce 【動】 ~を作り出す、生産する

      ※pro(前へ)+ -duce(導く)→作り出す

   introduce 【動】(…に)紹介する、導入する、(議案などを)提出する

      ※intro(中へ)+ -duce(導く、案内する)→紹介する、導入する

   reduce  【動】 減らす、減じる、削減する

      ※re(後ろへ)+ -duce(導く)


seclude 【動】引き離す、閉じこめる、引きこもらせる

   ※se(離れて)+ -clude(閉じる)

※「clude」の関連語句も調べてみます。
  
    include 【動】 ~を(…の中に)含める、~を含有する
            同封する、収録する

      ※in(中へ)+ -clude(閉じる)

exclude 【動】排除する、除外する、勘定に入れない

      ※ex(外へ)+ -clude(閉じる)

    conclude 【動】~の結末をつける、終える、 ~と結論を出す

      ※con(完全に)+ -clude(閉じる)


secede  【動】 脱退する、離脱する、分離する

    ※se(離れて)+ -cede(行く)

    ※「cede」関連語句を調べてみます。

    precede 【動】 ~に先行する、先んじる、先立つ

       ※pre(先に)+ -cede(行く)

concede 【動】 (敗北を)認める、(真実を)認める、譲歩する

       ※con(一緒に)+ -cede(行く)
        →一緒に行く→譲歩、同調する→容認する、認める


sedition  【名】 扇動的な言行、扇動罪(=agitation)

※sed(離れて)+ -ition(行くこと)


さて、今日のボキャブラリー編はいかがでしたでしょうか?
ちょっと脱線が多くなって長くなってしまいました。

辞書を引きまくるというのは、楽しくてあっという間に時間が
たってしまいました。

では、また、水曜日によろしくおねがいいたします。
      

是非、辞書を引いてみてくださいね。


----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-07-04 17:16 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリーを増やそう!:「Apo-」「Ap-」は「離れて」

みなさん、英会話、英語学習してますか!

前々回の記事では、接頭辞「Tele-」「遠い」「離れて」を学習しました。
そして、前回の記事では、「Ab-」「Abs-」も「離れて」という意味を
持つと学習しました。

(前々回記事)

http://tgeveryday.exblog.jp/d2006-06-30

(前回記事)

http://tgeveryday.exblog.jp/d2006-07-01


本日も「離れて」という意味を持つ接頭辞「Apo-」「Ap-」を
見ていきたいと思います。

「離れて」以外にも「十分に」「まったく」などの強調の意味も
持ちます。


前回の「Ab-」「Abs-」はラテン語起源でしたが、「Tele-」と今回の
「Apo-」「Ap-」はギリシア語語源です。


では、早速、言葉を捜索してみましょう。


apology  【名】 わびること、弁明}、謝罪
      

    ※apo(~離れて)+logy(言葉)
     「(罪から離れて)逃れるための言葉」が原意のようです。

    ※the Apologyは、「ソクラテスの弁明」です。


apologize  【動】 わびる、謝る、謝罪する


apostle  【名】使徒、初期の伝道者、主唱者

    ※apo(~離れて)+-stle(送る)


apostrophe 【名】アポストロフィ 

    ※記号(')のことです。、

    ※apo(~離れて)+-strophe(曲がる)


apotheosis  【名】 神格化、完璧な例、神聖視
    
    ※apo(~離れて)+-theos[is](神)


apocalypse 【名】 世の終末、啓示、ヨハネの黙示録(the Apocalypse)、大災害

※apo(~離れて)+-calypse(覆いをすること)
      =覆いを取るが原義です。


apogee 【名】 (1)《天文用語》遠地点(⇔perigee(近地点)
          (月や人工衛星などの軌道がもっとも地球から遠い点)
          )
        (2) 極点、最高点

※apo(~離れて)+-ge[e](地球)

※periは、「近くの」「隣接した」「取り囲む」などの意味を持つ接頭辞


aphhelion 【名】 《天文用語》遠日点(⇔perihelion(近日点)

    ※惑星や彗星などの軌道の太陽から一番遠い点

    ※apo(~離れて)+-helio[n](太陽)
  
    ※6月21日の記事

http://tgeveryday.exblog.jp/d2006-06-21

    (「Solar-」「Helio-」は「太陽の」)をご参照下さい。)


さて、今日のボキャブラリー編はいかがでしたでしょうか?

ちょっと難しい言葉も出てきました。

「Ge-」「Geo-」が地球を表す言葉などは、またこのコーナーで
取り扱おうと思います。


是非、辞書を引いてみてくださいね。

----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-07-02 18:03 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリーを増やそう!:「Ab-」「Abs-」は「離れて」

みなさん、英会話、英語学習してますか?

前回の記事では、接頭辞「Tele-」「遠い」「離れて」を学習しました。

これは、距離的に「離れて」ということだったのですが、本日学習する
接頭辞「Ab-」「Abs-」も「離れて」という意味を持ちます。

この言葉は、距離的に遠いというニュアンスよりも「~から離れて」という
分離的なニュアンスを持ち、意味あい的に「~と違う」「~ではない」
といったニュアンスが出てきます。

この接頭辞は、ラテン語起源です。


では、早速、言葉を捜索してみましょう。


abnormal  【形】 異常な、基準からはずれた、正常でない

   ※ab(~から離れて)+normal(正常な、通常の)


abuse 【名】 悪用、不正使用、乱用、 虐待
【動】 悪用する、不正使用する、乱用する、 虐待する

   ※use(一般的な使用)からab(離れる、逸脱する)→悪用、乱用

   ※この言葉は新聞などでもよく見かける言葉です。

こんな言葉があります。

ほかにもたくさんありますので一部を紹介します。


absent 【形】不在の、(学校、会社、会合などを)欠席して、欠勤して

   ※ab(~から離れて)+sent(ラテン語で「存在した」)

   ※presentは、出席しているという意味でしたよね。


absorb   【動】 (熱・光・気体・液体・衝撃・音などを徐々に)吸収する

   ※ab(~から離れて)+sorb(吸収する)

   ※adsorbは、「吸着する」という意味です。
    (接頭辞「Ad-」には、接近の意味があります。)

   ※sorbは、本来ラテン語なのですが、これ単体でも、
    「吸収する」「吸着する」の意味が生まれてます。


absurd 【形】 ばかげた、ばからしい、笑止千万な

   ※ab(~から離れて)+surd(耳が聞こえない)ということで
    →何も聞こえない→道理がわからない→ばかげた
    となります。


abbreviate 【他動】 ~を簡潔にする、短くする、短縮する、省略する 

   ※ab(~から離れて)+brevi(短くする)+ate(~にする)

   ※breviに関連して、
brief 【形】短い、手短な、簡潔な
       【名】概要、大意、短い報告、ブリーフ(パンツ)
    があります。

   ※abbreviationは、この単語の名詞形で、
    【名】省略、短縮、略語 などの意味があります。


abstract 【名】 抽象的なもの、抜粋、要約(書)
      【形】 抽象的な、具体性を欠く、難解な、理論的な

   ※abs(~から離れて)+tract(引き抜いた)ということなのですが、
    「(具体的、現実的なものから)引き抜いた」ということで
    「抽象的、具体性を欠く」という意味が出てきます。


absolve  【動】 免除する、~に無罪を申し渡す、赦免する

   ※ab(~から離れて)+solve(解く、ゆるめる)
    ゆるめて(罪から)離れるといったニュアンスです。

 solve【動】(問題などを)解く、解決する に関連した言葉を
    少し紹介します。

   ※dissolveは、dis(分離)+solve(解く、ゆるめる)で、
    【動】溶ける、分解される、解散する という意味です。

   ※resolveは、re(完全に)+solve(解く)で、
    【動】決心する、決意する、解明する、分解する
    などの意味があります。
   
    いずれ扱いますが、接頭辞「Re-」には、「反復」「反対」
「完全に」「強く」のような意味があります。

abstain 【動】 (差し)控える、慎む、自制する、(悪習を)やめる

   ※abs(~から離れて)+tain(持つ、保持する)
   (行楽・快楽などから)から離れた状態を保持するという意味です。

   tainに関連した言葉はたくさんありますので、辞書で調べてみてください。
簡単に紹介しておきます。

   「持つ、保持する」というニュアンスを感じてください。

   contain【動】 ~を含む、包含する、

entertain【動】楽しませる、もてなす、歓待する

maintain 【動】保持する、保つ

retain 【動】保有する、維持する、心に留める

sustain 【動】持続する、維持する、支持する


abhor 【動】 ~をゾッとするほど嫌う、忌み嫌う、憎悪する、避ける

   ※ab(~から離れて)+hor(身震いする)
    「身震いして離れる」という意味ですね。

   このhorですが、関連した言葉として、

   ※horror 【名】 恐怖、恐ろしい人、戦慄
        【形】 恐怖の、ゾッとさせる
(ホラームービーの「ホラー」ですね。)

   ※horrid 【形】 恐ろしい、忌まわしい、ひどく嫌な

   ※horrible 【形】 恐ろしい、ひどく不快な、最悪な

などがあります。


さて、本日のボキャブラリー編はいかがでしたでしょうか?

ホラー映画の「ホラー」までたどりつきました。

まだまだ、「Ab-」に関連した言葉はあります。
是非、辞書を引いてみてくださいね。

----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-07-01 18:01 | 語源で増やすボキャブラリ!