アキュワーズ代表の柏木です。言葉を習得すると世界が一気に広がります。英語を習得し、世界を広げ、素敵な未来を創っていきましょう!
by tgeveryday
カテゴリ
英語生活のすすめ
語源で増やすボキャブラリ!
心に響く繰りかえし読みたい英語
「よーし!柏木」こころの日記
お知らせ
以前の記事
2006年 12月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧

ボキャブラリーを増やそう!「Aqua-」は「水」

今日のボキャブラリー編は、接頭辞「Aqua-」です。

「アクア」で始まる単語を調べて見ましょう。

aqualung   アクアラング

  ※Aqua-Lungは、商標です。
  ※lungは、「肺」の意味、つまり、「水中の肺」で、アクアラング。

aquafarm   養魚場

aquaculture  養魚場

aquarium   水族館、水槽

aquanaut スキンダイバー、潜水研究員

  ※nautは、航海者の意味があります。
  ※astronaut=astro(宇宙)+naut(航海者)で宇宙飛行士の意味になります。

Aquarius   みずがめ座

  ※the Water Bearerとも言います。

aquatic  (形)水生の、水の

そして、ちょっと語形が変化して「Aque-」になっていますが、

aqueduct  水路、送水路

などがあります。



----------

■英語を話せるようになるためにはお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→話せる英会話なら「トークるズ!」

トー来るズロゴ青中


→→
楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-06-13 14:21 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリーを増やそう!「Hyper-」は高い、「Hypo-」は低い

今日のボキャブラリー編は、「Hyper-」「Hypo-」です。

まず、最初にこの意味を憶えるのにいい二つの単語を紹介します。

hypertension  高血圧
hypotension   低血圧

そして、

hypertensive  (形)高血圧症
hypotensive   (形)低血圧症

です。

「Hyper-」は、「高い」のほか「過度」という意味合いで使われます。

hyperphagia  過食症

hyperinflation  ハイパーインフレ、過度のインフレ

hyperphysical (形)超自然的な、非物理的な

hyperthermia (異常な)高熱。

hypersensitivity  過敏症


「Hypo-」は、「低い」「下」「下部」などの意味で使われます。

hypodermic (形)皮下注射の、元気づける
        (名)皮下注射、皮下注射器

hypothesis   仮説、前提
  
       ※「下の説」から仮説、前提の意味が生じる。

hypocrisy   偽善、みせかけ、猫かぶり

       ※「下に見せる」から、偽善、猫かぶりなどの意味が生じる。

hypoxia    低酸素症

hypothermia  低体温症


他にも「Hyper-」「Hypo-」を使った言葉がたくさんあります。
辞書などで調べてみましょう!  


----------

■英語を話せるようになるためにはお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→話せる英会話なら「トークるズ!」

トー来るズロゴ青中


→→
楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-06-12 18:24 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリーを増やそう!「Cred-」は「信じる」「信用」

今日のボキャブラリー編は、接頭辞「Cred-」を取り扱います。

最近、若い人でなくても、「ありえな~い」を使う人が増えてきたように
思います。英語で、「ありえない」「信じられない」は、

1. unbelievable

2. incredible

です。

1.は、(un)という否定の意味を作る接頭辞がついて、
「信じる」という意味の動詞(believe)からできる「信じられる」という意味の
形容詞(believable)を否定することで、「信じられない」「ありえない」
という意味が形作られています。

さて、2.は?

「cred」の部分に「信用」という意味が含まれています。
では、「Cred-」を含む言葉をさがしてみましょう。

credit 信用、クレジット、信用貸し
 
   ※会計用語で貸方の意味もありますが、その反意語はdebitです。

credible  (形)信用できる、当てになる

   ※反意語は既出のincredible

creditable  (形)信用できる、立派な、尊敬に値する

   ※反意語はdiscreditable

credence   信用、信任、信憑性

credential   信用証明書、信用賞味物、(大使、公使などの)信任状

the Credo(キリスト教の)使徒信条

そして、ちょっと語形が変りますが、

creed    信念、綱領、信条

などがあります。


----------

■英語を話せるようになるためにはお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→話せる英会話なら「トークるズ!」

トー来るズロゴ青中


→→
楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-06-12 14:17 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリーを増やそう!「gen-」「-gen」は「生む、産む」

今日のボキャブラリー編は、「gen-」「-gen」です。

genには、ギリシア語語源で「生む」もしくは、「産む」という意味があります。

今日は、想像力を働かせて読んでいただけますとよく理解できると思います。

早速、例をあげますと、

genital   (形)生殖の、生殖器の

という言葉があります。文字通り、生むに関係があります。

そして、万物の始まり、万物の生成を記した聖書の

the Genesis   創世記

があります。一般名詞としては、

genesis    発生、起源

意味になります。さらに、

generator   発電機

generate   (動)~を生み出す、発電させる、生成する

も、「生む」に関係があります。

generation   世代、一世代(約三十年)

      ※子供が生まれて、次子供を生むまでの期間のこと

genealogy  家系、系譜

gene     遺伝子

genetic   (形)遺伝子(学)の

といった言葉があります。以上が言葉の頭につく接頭辞ですが、
接尾辞も例がいくつかあります。

非金属系元素には「-gen」のつく言葉が多いですよね。
それは、他の元素と結びついて別の物質を「生み出す」からです。

oxygen   酸素

hydrogen  水素

nitrogen 窒素

halogen ハロゲン、ハロゲン元素(フッ素、塩素、臭素、ヨウ素などの総称)

     ※haloはギリシア語で「塩」


以上、「生む」という意味を実感していただけましたでしょうか?


----------

■英語を話せるようになるためにはお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→話せる英会話なら「トークるズ!」

トー来るズロゴ青中


→→
楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-06-11 18:22 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリーを増やそう!「Ped-」「Pedi-」は「足」

さて、今日のボキャブラリー編は、「Ped-」「Pedi-」に注目します。

最初に、

manicureは、マニキュアのことでしたね。
これは、man(手)+cure(治療、手入れ)です。

足につけるのは?
pedi(足)+cure(治療、手入れ)=pedicure (ペディキュア)となります。

さて、今日も関連した言葉を学習していきましょう。

pedestrian 歩く人、歩行者

pedal     ペダル

pedigree   家系、血統

       ※この原義は「鶴の足」だそうで、家系図が鶴の足に
        似ているからこの意味が生まれたそうです。

pedicurist    足治療専門医

pediluvium    足浴


接頭辞(言葉の最初)じゃなくて、接尾辞(言葉の最後)にも使われます。

centipede   百足、ムカデ

        ※centiは「100分の1」 centimeter(cm)=100分の1

multiped   多足動物(5本以上の足をもつもの)

expedition  遠征、探検

        ※exは、「外へ」、ped「足」なので、そとへ足を使っていくというイメージ。

さて、明日も別な言葉を勉強していきましょう!

----------

■英語を話せるようになるためにはお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→話せる英会話なら「トークるズ!」

トー来るズロゴ青中





 →→
楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」
[PR]
by tgeveryday | 2006-06-11 12:40 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリーを増やそう!「Manu-」「Man-」は「手」

今日のボキャブラリー編は、「Manu-」に注目します。

Manuは、ラテン語の「手」という意味のManusからきた言葉で、
英語では、接頭辞としてたくさんの「手」に関する言葉を作ります。

最初に、

manicureは、マニキュアのことです。
これは、man(手)+cure(治療、手入れ)です。

足につけるのは?(これは明日のネタです。)
ped(足)+cure(治療、手入れ)=pedicure (ペディキュア)となります。

では、関連した言葉を学習していきましょう。

manual  (形)手動の⇔automatic(自動の)
 
 ※名詞で「マニュアル」「入門書」という意味もありますよね。
 ※記号「⇔」は反意語をあらわします。

manufacture  (動)製造する
       (名)製造

manuscript (名)原稿、手書き原稿

 ※ワープロで打った原稿もmanuscriptと呼ばれますが、
  typescriptという言葉もあります。

manage (動)なんとか成し遂げる、管理する、運営する

 →manager(名)管理者、マネージャー
 →management(名)管理、経営
 →manageable(形)扱いやすい(⇔unmanageable)

 ※マネージも手から来た言葉です。手を使って仕事をする
  イメージからでしょうか。
 ※記号「→」は、派生語をあらわします。

manacles  (名)手錠(=handcuff)

 ※記号「=」は同義語をあらわします。

他、

manner (名)マナーなども「手」の原義からの言葉です。

さて、明日は、「足」になります。


----------

■英語を話せるようになるためにはお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→話せる英会話なら「トークるズ!」

トー来るズロゴ青中



 →→
楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」
[PR]
by tgeveryday | 2006-06-10 12:39 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリーを増やそう!英語で「プチ?」

最近、「プチ・断食」とか「プチ・リタイア」、「プチ・留学」なんて
「ちょっと」という意味でよく「プチ」という言葉を使いますよね。

これは、もともとは、フランス語のpetit(プチ)からきているのですが、
英語でも単語にある言葉をつけて小さいという意味にする言葉が
あります。

言葉の後ろにつけて「小さい」という意味を表すのは、
「-ette」、「-let」、「-et」です。


例をあげます。

cigarは、「葉巻」、cigaretteは、「紙巻タバコ」ですが、
葉巻は太く、紙巻タバコは細いですよね。

bookは、「本」、bookletは、「小冊子」です。

cabinは、「小さな家」もしくは、「船室、機室」ですが、
cabinetは、「収納棚」「戸棚」などの意味でぐっと小さくなります。

diskは、円盤、もしくは、円盤状のものの一般的な名詞です。
disketteは、「フロッピーディスク」の意味です。
※フロッピーディスクは、発売された当初は、アナログレコードのLPなどと
 比べて、小さかったんですね。

caseは、「箱」、大本の意味はフランス語で「宝石箱」です。
cassetteは、もちろんカセットテープのことですが、
「小さい宝石箱」っていう意味が原義です。

他、動物では、

eagle「鷲」、eaglet「鷲の子、小さい鷲」
pig「豚」、piglet「子豚、小さい豚」
snake「へび」、snakelet「子へび、小さなへび」

があります。

他に、

kitchenは、「台所」、kitchenetteは「簡易台所」などがあります。

さて、今日紹介した言葉は、どんな単語にでも「-ette」、「-let」、「-et」を
つければ「小さい」という意味になるわけではありませんが、二つを比べて
見ると面白いですよね。

また、言葉の原義を知るいい機会にもなります。


----------
■英語を話せるようになるためにはお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→話せる英会話なら「トークるズ!」


トー来るズロゴ青中

[PR]
by tgeveryday | 2006-06-09 10:03 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリーを増やそう!「Nove-」「Enne-」は「9」、「Deca-」は「10」

今日は、9、10の意味を持つ言葉を学習していきます。

では、まず、「9」の意味を持つ、「Nove-」「Enne-」からみていきましょう。
実は、それほど多くないのです。

まずは、「Nove」から

novena (ローマ・カトリックの)9日の祈り
大きな祝日の前に9日間祈りをささげるもの。

(番外)

November  (本来は9番目の月という意味だが)11月
 
    ※理由は昨日のメルマガを参考にしてください。

     バックナンバーはこちら、
     http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000152105     

続いて、「Enne-」です。

enneagon   九角形

enneahedron  九面体

enneagram   エニアグラム(人間学の一種)
      ※参考書『9つの性格』(PHP研究所)


そして、「10」をあらわす「Deca-」です。

decathlon  (スポーツ)十種競技

decagon   十角形

decahedron  十面形

decade   十年間

Decalogue (旧約聖書の)モーゼの十戒

decadal system  十進法

decameter   十メートル


さて、最後に、「Deci-」ですが、一昨日のメルマガでは、
「hexadecimal(形)16進法の」と書きましたが、hexaは「6」でした。
deci-は、実は「十分の一」の意味なのです。

hexa+deci(+形容詞を作るmal)=「16進数の」という意味になります。

皆さんおなじみなのは、「かさ(量)」をあらわす、
dl(デシリットル=deciliter)や、音の大きさの単位
db(デシベル=decibel)があります。
1デシリットルは、1リットルの十分の一でしたよね。

また、decimalは、形容詞で、

1. 小数点の
  例)the second decimal place(小数点第二位)
2.十進法の
  例)a decimal system(十進法)

です。


----------
■英語を話せるようになるためにはお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→話せる英会話なら「トークるズ!」


トー来るズロゴ青中

[PR]
by tgeveryday | 2006-06-08 09:59 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリーを増やそう!「Hepta-」「Sept-」は「7」、「Octa-」は「8」

今日は、7、8の意味を持つ言葉を学習していきます。
では、まず、「7」の意味を持つ、「Hepta-」からみていきましょう。

heptagon  七角形

   ※もう一度復習します。

    三角形 triangle
    四角形 tetragon
(正方形は、square。長方形はrectangle)
    五角形 pentagon
    六角形 hexagon

です。

heptahedron 七面体

ここで、polyhedronは、多面体という意味です。
    多角形は、polygonです。

    polyは、ギリシア語で多いという意味です。

    ~gonは、~角形で、~hedronは、~面体です。

heptathlon  (スポーツ)7種競技


続いて、同じく「7」の意味を持つ、「Sept-」です。

septagon   
sentangle   両方とも、七角形

    ※heptagon以外に、この二つも使われます。

septet もしくは、septette (音楽の)七重奏、七人組


septuagenarian  70歳代の人


(おまけ)

September  9月

    ※本来は七番目の月という意味でしたが、ローマの「ユリウス暦」
    制定時に本来の1月「March」の前に、January、Februaryの二つを
    入れてしまったため、二ヶ月ずれてしまったことによります。

    詳しくは、

    http://miraikoro.3.pro.tok2.com/study/quiz/s03-1.htm

    あたりを参考にしてみてください。



そして、「8」の意味を持つ、「Octa-」「Oct」です。

octopus たこ(海にいるほうです!)
  
    ※足が8本ですよね。

octopus hold  (プロレスの技)卍固め、オクトパスホールド

    ※決まった形が「たこ」のように見えることから。

octagon
octangle   (どちらも)八角形、八辺形

octahedron  八面体

octave   オクターブ
  
    ※ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド
     =8個。8音ですよね!

octet   (音楽の)八重奏

octothorpe   電話のボタン#。「ナンバー記号」
       「シャープ記号」「井桁記号」のこと。

   ※語源は、アメリカのベル研究所が押しボタン電話機を
    開発したときの造語で、#記号には、
    八個の点があるからとされています。

    他に「#」は、number sign、pound、pound sign、hash、sharpなど 
    とも呼ばれます。シャープだけは日米共通ですね。


(おまけ)

October  10月

    ※本当は8番目の月という意味ですが、
     理由はSeptemberと同じ。



さて、明日は、「9」そして、ついに「10」までたどり着きます!


----------
■英語を話せるようになるためにはお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→話せる英会話なら「トークるズ!」


トー来るズロゴ青中

[PR]
by tgeveryday | 2006-06-07 17:26 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリーを増やそう!「Hexa-」「Sext-」

今日は、「Hexa-」「Sext-」で始まる言葉を憶えていきましょう。

この数字シリーズも今日で「6」まで来ましたね。
今週中で「10」までは行きたいと思います。
ですので、明日とあさってはちょっと飛ばしていきます。


「Hexa-」はギリシア語語源で「6」という意味です。
「Sext-」の方は、ラテン語語源で同じく「6」という意味の
共に「接頭辞」です。

では、まず、「Hexa-」からみていきましょう。

hexagon  六角形

   ※もう慣れてきましたよね。

    三角形 triangle
    四角形 tetragon
(正方形はsquare。長方形はrectangle)
    五角形 pentagon

です。

hexahedron 六面体

hexagram  六線星型、ダビデの星
      (ユダヤ教のシンボル)

      星型、☆は、pentagram
      (=pentacle, pentangle)

hexapod  六脚類(昆虫のこと)

     ※podは脚の意味です。

hexadecimal  (形)16進法の

      ※deciは、「10」をあらわします。
       あさっての予習です。


次に、「Sext-」です。

sextet   (音楽の)六重奏、六人組バンド


sextant   六分儀

Sextants   六分儀座
  
sextuple rhythm  6拍子のリズム

  

他の言葉も、是非、辞書などで調べてみて下さい。
一気にボキャブラリーが増えます。

明日は、「7」「8」を一気に行きます。


----------
■英語を話せるようになるためにはお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→話せる英会話なら「トークるズ!」


トー来るズロゴ青中

[PR]
by tgeveryday | 2006-06-06 17:07 | 語源で増やすボキャブラリ!