アキュワーズ代表の柏木です。言葉を習得すると世界が一気に広がります。英語を習得し、世界を広げ、素敵な未来を創っていきましょう!
by tgeveryday
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
英語生活のすすめ
語源で増やすボキャブラリ!
心に響く繰りかえし読みたい英語
「よーし!柏木」こころの日記
お知らせ
以前の記事
2006年 12月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:語源で増やすボキャブラリ!( 91 )

ボキャブラリを増やそう!:「-oid」は「~のようなもの」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

今日は、「~のようなもの」という意味の接尾辞「-oid」を扱います。

これはギリシア語を起源とし、「~のような」「~のようなもの」

「~もどき」のような意味を持ちます。


では、単語を見てみましょう。



Mongoloid 【名】【形】モンゴル人種(の)

※Mongol(モンゴル)+ -oid(~のようなもの)


alkaloid 【名】【形】アルカロイド(の)、植物塩基(の)

  ※alkal(塩基、アルカリ)


ameboid   【形】アメーバ状の、不規則な形の

  ※ameb[a](アメーバ)+ -oid(~のようなもの)

  ※amoeba、amoeboidともつづります。


anthropoid 【形】類人の、人間に似た
      【名】類人猿、霊長類

  ※anthrop(人間、人類)+ -oid(~のようなもの)

  ※類人猿は、an anthropoid apeとも言います。 


asteroid  【名】小惑星、ヒトデ(=starfish)

  ※aster(星)+ -oid(~のようなもの)

  ※planetoidとも言います。

planet(星)+ -oid(~のようなもの)


cardioid 【名】心臓の形をした、カージオイド

  ※cardio(心臓の)+ -oid(~のようなもの)

  ※カージオイドに関しては、http://tinyurl.com/dzakt
   こちらをご覧下さい。


celluloid 【名】(商標)セルロイド(Celluloid)、フィルム
      【形】セルロイドの、映画の、人工的な

  ※cellul[ose](セルロース)+ -oid(~のようなもの)

  ※セルロース=植物細胞の細胞壁・植物繊維の主成分をなす多糖類。
   レーヨン・硝酸セルロース・セロファンなどの原料となる。繊維素。


cuboid   【名】直方体
      【形】立方体の、さいころ型の

  ※cub[e](立方体、さいころ)+ -oid(~のようなもの)


cycloid 【名】サイクロイド曲線
      【形】円の、環状の

  ※cycl[e](円)+ -oid(~のようなもの)

  ※サイクロイドに関しては、http://tinyurl.com/9vpur
   こちらをご参照ください。


echinoid  【名】ウニ

  ※echin[o](とげ、針)+ -oid(~のようなもの)


factoid 【名】疑似事実、疑わしい事実、ファクトイド

  ※fact(事実)+ -oid(~のようなもの)

  ※ファクトイド=タブロイド新聞の形式で伝えられるテレビニュース


humanoid  【名】人間の形をしたもの、人造人間、原人、ヒューマノイド

  ※human(人間)+ -oid(~のようなもの)

  ※人造人間という意味では、アンドロイドという言葉もありますよね。

   こちらは、android(droidとも言う)で、

   andr[o](男の)+ -oid(~のようなもの) です。


metalloid  【名】非金属(=nonmetal)、半金属(ケイ素、ヒ素など)、メタロイド

  ※metall[o](金属の)+ -oid(~のようなもの)

  ※メタロイド=半金属と半導体の総称


paranoid  【名】【形】偏執狂(の)

  ※paran[oia](偏執病)+ -oid(~のようなもの)


tabloid  【名】タブロイド判新聞
      【形】タブロイド判の、要約した、扇情的な

  ※tabl[e](テーブル)+ -oid(~のようなもの) 

  ※「テーブルのようなもの」というところまでは、調べが付いたのですが、
   なぜ、テーブルのようなものが「タブロイド判」という意味になるのかが
   わかりません。大きさのことなのでしょうか?
   どなたか語源をご存知の方がいらっしゃったら教えて下さい!!


trapezoid 【名】台形(英国ではtrapezium)、(英国で)不等辺四辺形
      【形】台形の、(英国で)不等辺四辺形の

  ※trapez[a](テーブル)+ -oid(~のようなもの)

  ※trapezaは、ギリシア語です。日本では、「台」で、古ギリシアでは、
   「テーブル」(恐らく横からみた形)なのですね。



さて、今日の言葉はいかがでしたでしょうか?

例によって、接尾語の検索は、ヤフー、ライブドアなどのWeb辞書が

役に立ちます。

まだまだ、「-oid」で終わる言葉はたくさんあります。

調べてみて下さいね。

では、以上「のような」感じで、次回ももう一つ、「~のようなもの」

「類似」に関する意味をもった言葉を取り扱っていきます。


----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-07-27 19:01 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリを増やそう!:「syn-」は「いっしょに」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

昨日の記事では、「いっしょに」と言う意味で

「con-」を扱いました。



今日の「いっしょに」は、「syn-」です。

これは、ギリシア語を起源とし、意味は「いっしょに」「同時に」

「類似」、「合成の」「調和した」などの意味があります。


また、この言葉も、「com-」と同様、次に来る言葉の頭の文字で

形を変えていきます。


たとえば、

「L」で始まる単語が次に来る場合は、「syl-」

「R」で始まる単語が次に来る場合は、「syr-」

「p」と「b」、「m」で始まる単語が次に来る場合は、「sym-」

「s」で始まる単語が次に来る場合は、「sys-」「sy-」

それ以外が、「syn-」です。


もういろいろと単語を「Syn-」で始まる単語を

頭に浮かべている方も多いかと思います。



では、単語を見ていきます。



syllable  【名】音節、シラブル

  ※syl(いっしょに)+ -lable(取る)=「いっしょに集められた物」が原義


symbol   【名】しるし、象徴、シンボル、記号

  ※sym(いっしょに)+ -bol(投げる)
   =「いっしょに投げられたもの」→「比較・確認の手段」→象徴、シンボル


symmetry  【名】左右対称、シンメトリ

  ※sym(いっしょに)+ -metry(尺度)


sympathy 【名】同情、思いやり、共感

  ※sym(いっしょに)+ -path(感情、意識)+ -y(性質、状態)


symphony  【名】交響曲、シンフォニー

  ※sym(いっしょに調和した)+ -phony(音)


symptom  【名】徴候、きざし(通常、望ましくないことに用います)

  ※sym(いっしょに)+ -ptom(落ちる)
   =「(災いなどが)ふりかかる」が原義


symposium 【名】討論会、シンポジウム、(古代ギリシアの)宴会

  ※ギリシア語、symposionが語源、sym(いっしょに)+ -posis(飲む)


synchronize 【名】同時に起こる、同時に動く

  ※syn(いっしょに)+ -chron(時間)+ -ize(動詞化語尾)

  ※synchronized swimming(シンクロナイズド・スイミング)


synchronicity 【名】共時性、シンクロニシティ


syndrome  【名】~症候群、病的現象、シンドローム

  ※syn(いっしょに)+ -drome(走ること)→同時に発生する→「~症候群」


synthesize 【動】統合する、合成する、音を電子的に作り出す

  ※syn(いっしょに)+ -thes(置く、整理する)+ -ize(動詞化語尾)

  ※synthesizer(シンセサイザー)


system  【名】制度、組織、体系、システム

  ※sy(いっしょに)+ -tem(配置すること、組み立てること)



さて、今日の言葉はいかがでしたでしょうか?

辞書を引くと「con-」ほど言葉の数が多くないことに気づきます。


言葉は、

漫然と暗記するより、「理屈と実感」で憶えた方が確実ですし、

忘れにくく、思い出しやすくなります。

----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-07-26 18:59 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリを増やそう!:「co-」「com-」は「いっしょに」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

今日と明日は、「いっしょに」と

言う意味を持つ接頭辞を扱っていきます。


やっと来たかと思っていらっしゃるかたも多いと思いますが、重要単語の

非常に多い接頭辞です。


まず、今日は、「co-」「com-」を扱います。

この接頭辞ですが、語源はラテン語で、現在でも、ラテン系の言語では、

前置詞として、使われていると思います。


また、この言葉は、次に来る言葉の語頭の文字で、語尾を変えていきます。


たとえば、

「L」で始まる単語が次に来る場合は、「col-」

「R」で始まる単語が次に来る場合は、「cor-」

「p」と「b」、「m」で始まる単語が次に来る場合は、「com-」

「h」と「gn」で始まる単語が次に来る場合は、「co-」

それ以外が、「con-」です。

意味は、「いっしょに」「互いに」、そして、

強意の意味で「まったく」「完全に」などです。



では、早速、具体的に単語を見ていきましょう。



coincide 【動】同時に起こる、一致する

  ※co(いっしょに)+ -incide(襲ってくる、起こる)


collaborate 【動】協力する、協同する、共同研究する

  ※co(いっしょに)+ -laborate(働く)


ここで、laboreate関連語句で脱線します。


labor   【名】労働、賃金労働

  ※ラテン語の「labor」=苦難、骨折り、苦しい仕事より
   


laboratory【名】実験室、製造所、研究室

  ※laborat(働く)+ -ory(場所)


elaborate 【形】手の込んだ、精巧な、入念な

  ※e(強意)+ -labor(働く、努力する)+ -ate(形容詞語尾)


では、「co-」に戻ります。


collapse 【動】崩壊する、崩れる、座り込む、失敗する

  ※col(いっしょに)+ -lapse(落ちる)


ここで、lapseに脱線します。


lapse  【名】ちょっとした誤り、過失、堕落、一時的空白


elapse  【動】(時が)経つ、経過する
     【名】時の経過、中断

  ※e(外へ)+ -lapse(崩れる、すべる)
=すべるように時が過ぎ去る


さて、「co-」に戻ります。


collateral 【形】~と相並んだ、平行する(parallel)、~に付随する

  ※col(互いに)+ -lateral(横の)


collect  【動】集める、回収する、徴収する、まとめる

  ※col(いっっしょに)+ -lect(集める)

  参考 se(離す)+ -lect(集める)=select(選び出す)


collide 【動】衝突する、ぶつかる、一致しない

  ※col(いっしょに)+ -lide(打つ、ぶつかる)


combine  【動】結合させる、組み合わせる、化合させる

  ※com(いっしょに)+ -bine(2と2を合わせる)


command  【動】命ずる、率いる

  ※com(強意)+ -mand(任せる、命令する)


commerce 【名】通商、貿易

  ※com(いっしょに)+ -merce(商品をあつかうこと)


commercial 【形】商業の、貿易の、営利的な


compact  【形】ぎっしり詰まった、こぢんまりした

  ※com(いっしょに)+ -pact(堅く締められた)


companion 【名】仲間、友達、付き添い、コンパニオン

  ※com(いっしょに)+ -pani(パン)+ -on(人)
   =一緒にパンを食べる人が原義


compare  【動】比較する、比べる

  ※com(いっしょに)+ -pare(同等の状態に置く)
   このpareは、pair(ペア)と同じ語源です。


compassion 【名】思いやり、同情、あわれみ

  ※com(いっしょに)+ -passion(苦しむこと)


compel 【動】~に無理矢理させる

  ※com(完全に)+ -pel(押す、追いやる)


compete 【動】競争する、競う、(協議に)参加する

  ※com(完全に)+ -pete(求める)


complete 【形】全部の、完全な

  ※com(強意)+ -plete(満たす)


complex  【形】多くの部分からなる、複合の、複雑な

  ※com(いっしょに)+ -plex(織られた)


complicate 【動】~を理解しにくくする、複雑にする

  ※com(いっしょに)+ -plicate(重ねる)


compose  【動】組み立てる、整える、作曲する

  ※com(いっしょに)+ -pose(置く)


conprehend  【動】理解する、把握する

  ※com(完全に)+ -prehend(つかむ)


compromise  【動】妥協する
       【動】妥協

  ※com(いっしょに)+ -promise(約束する)


concede   【動】認める、容認する、譲歩する、許す

  ※con(いっしょに)+ -cede(進む)


conceive  【動】~を思いつく、心に抱く、想像する

  ※con(いっしょに)+ -ceive(取り入れる)


concentrate 【動】集める、集中する、濃縮する

  ※con(完全に)+ -centr(中心)+ -ate(~にさせる)


concord 【名】一致、調和、強調、協定

  ※con(いっしょに)+ -cord(心)


condemn  【動】責める、とがめる、有罪と判決する

  ※con(強意)+ -demn(非難する=damn)


condominium 【名】分譲マンション、共同管理地

  ※con(いっしょに)+ -dominium(領地=dominion)


conduct 【動】導く、案内する、管理する、指揮する
     【名】行ない、行為、指揮、運営、管理

  ※con(いっしょに)+ -duct(導く)


conductor 【名】指揮官、指揮者


confirm  【動】確かめる、

  ※con(強意)+ -firm(固い)=強固にする


confirmation 【名】確認


confront 【動】向かい合う、(困難に)立ち向かう、直面する

  ※con(いっしょに)+ -front(ひたい、前面)
   =しっかりと顔を向ける


confuse  【動】混同する、困惑させる、まごつかせる

  ※con(いっしょに)+ -fuse(そそいだ)=混ぜ合わせた


confusion 【名】困惑、混同


congratulate 【動】~を祝う、祝賀する

  ※con(いっしょに)+ -grat[ul](喜びを表す)+ -ate(~にする)


congratulation 【名】祝うこと、祝賀

Congratulations 【間投詞】おめでとう


connect  【動】つなぐ(=link)、結ぶ、関係づける

  ※con(いっしょに)+ -nect(結ぶ)


consecutive 【形】連続した、(論理が)一貫した

  ※con(いっしょに)+ -sect(後に続く)+ -ive(形容詞化語尾)


consensus  【名】(意見の)一致、コンセンサス、総体的合意

  ※con(いっしょに)+ -sensus(感じた)=一緒に(同じ事を)感じた


consider 【動】よく考える、熟慮する

  ※con(いっしょに)+ -sider(星)=多くの星を一緒によく見る
   →よく考える


construct 【動】組み立てる、建設する、校正する

  ※con(いっしょに)+ -struct(積み上げる)


consume 【動】消費する、消耗する

  ※con(強意)+ -sume(食べる、飲む)


consumer 【名】消費者(⇔producer:生産者)


contain 【動】含む、持っている、含んでいる

  ※con(いっしょに)+ -tain(保つ)


content 【名】中身、項目、内容、主旨

  ※con(いっしょに)+ -tent(保たれたもの)
  (containと同語源)


contemporary 【形】同時代に存在する、現代の、当代の

  ※con(いっしょに)+ -tempo(時間)+ -ary(形容詞化語尾)


context 【名】(文の)前後関係、文脈、背景

  ※con(いっしょに)+ -text(織った)=一緒に織り込まれた


continue 【動】続く、続いている、続ける

  ※con(いっしょに)+ -tinue(保つ=-tain)


contribute 【動】貢献する、寄贈する

  ※con(いっしょに)+ -tribute(与える)


convey 【動】運ぶ、運搬する、(思想などを)伝える

  ※con(いっしょに)+ -vey(道を進む)


cognate 【形】同祖先の、女形親の、同起源の

  ※co(いっしょに)+ -gnate(生まれた)


cooperate 【動】協力する、協同する

  ※co(いっしょに)+ -operate(働く)


coordinate 【動】~を対等にする、順序よく整理する

  ※co(いっしょに)+ -ordinate(きちんと並べる)


coordinator 【名】まとめ役、コーディネーター


correct  【形】正しい、正確な、正式な、礼儀にかなった

  ※cor(いっしょに)+ -rect(まっすぐに導く)


ここで、rectに関して、脱線します。


direct  【動】指揮する、管理する、道を教える

  ※di(分離)+ -rect(まっすぐ導く)=指導する


erect 【動】直立させる、建てる、立てる

  ※e(外へ)+ -rect(まっすぐ導かれた)=内部から外へ導かれた


もとに戻りましょう。


corrupt 【形】堕落した、退廃した、不純な

  ※cor(いっしょに)+ -rupt(折れる)


corruption 【名】堕落、退廃、汚職、不正



さて、いかがでしたでしょうか?

今日、ご紹介した単語は、「co-」「com-」で始まる単語のごくごく一部です。

是非、辞書を開いていろいろ言葉の意味を実感してみて下さい。


漫然と暗記するより、「理屈と実感」で憶えた方が確実ですし、

忘れにくく、思い出しやすくなります。


----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-07-25 18:57 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリを増やそう!:「macro」と「magna-」は「大きい」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

以前、6月1日の記事で http://tgeveryday.exblog.jp/4270782 にて、

「mega-」を取り上げましたが、これは、「大きい」という意味でした。

「大きい」という意味を持つ「macro」と「magna-」「magni-」を紹介します。


まずは、「macro-」から。

こちらは、ギリシア語語源で、「大きい」「長い」などの意味を持ちます。


では、早速、単語を見ていきましょう。


macroeconomics 【名】マクロ経済学

   ⇔microeconomics 【名】ミクロ経済学

   ※macro(大きい)+ -economics(経済学)


macrograph   【名】拡大図、肉眼図

   ※macro(大きい)+ -graph(書かれた物)


macropod  【名】カンガルー類(カンガルーやワラビーなどの総称)

   ※macro(大きい)+ -pod(足)


macrobiotic  【形】長寿の、自然食の

   ※macro(長い)+ -biotic(生命に関する)


辞書を引くと特殊な単語が多いですが、まだまだたくさんありますので、

是非、辞書を開いてみてください。


では、次に「magna-」「magni-」に移りましょう。

こちらは、ラテン語を語源とし、「大きい」「偉大な」といった意味があります。


Magna Carta 【名】マグナ・カルタ、大憲章

   ※magni(大きい、偉大な)+ -carta(=charter、憲章)


magnitude  【名】大きさ、偉大さ、(星の)等級、マグニチュード

   ※magni(大きい、偉大な)+ -tude(性質・状態の名詞語尾)


magnum  【名】大酒瓶、マグナム瓶(通常の二倍で約1.5リットル入りの瓶)
         (Magnumは、商標で、拳銃の名前)


magnificent 【形】壮大な、荘厳な、崇高な、すばらしい

   ※magni[fic](大きい、偉大な)+ -ent(状態の形容詞語尾)
    もしくは、古フランス語のmagnificentの語源説もあります。


magnify 【動】拡大する、誇張して言う

   ※magni(大きい)+ -fy(~にする)=大きくする
    もしくは、古フランス語のmagnifierの語源説もあります。


さて、今日の記事はいかがでしたでしょうか?

----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-07-24 18:54 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリを増やそう!:「micro-」「-cule」は「小さい」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

さて、今日のボキャブラリ編は、前回と同じく「小さい」という意味を

持つ、接頭辞、接尾辞(指小辞)をあつかって行きます。


前回の簡単な復習をしますと、二つの接尾辞(指小辞)を学習しました。

古英語を語源とする、指小辞の「-ling」と古独語を語源とする「-kin」

でしたよね。


「-ling」は、「小さい」という意味に加えて「若い」「劣る」や

「~に関わりのある人物(しばしば卑下したニュアンスを含む)」といった

ニュアンスを持ちました。

「-kin」は、「小さい」という意味でした。



では、今日扱う言葉に移ります。

まず、最初は、ウインドウズで有名な、Microsoftの社名にも使われてますが、

接頭辞の「micro-」です。

この言葉は、ギリシア語を語源とし、意味としては、「非常に小さい」、

「微細な」そして、「拡大する」「100万分の1」といった意味を持ちます。

では、まず、この言葉から見ていきましょう。




microwave  【名】マイクロ波、極超短波、電子レンジ(正確にはmicrowave oven)

   ※micro(非常に小さい)+ -wave(波、電波)


microbe   【名】微生物、細菌

   ※micro(非常に小さい)+ -be(生物)
    (beは、ギリシア語の「bios=生物」より)


microbiology 【名】微生物学、細菌学

   ※micro(非常に小さい)+ -biology(生物学)


microcosm   【名】小宇宙、小世界、人間

   ※micro(非常に小さい)+ -cosm(宇宙)
    (cosmは、ギリシア語の「kosmos=宇宙」より)

microeconomics 【名】ミクロ経済学

   ⇔macroeconomics マクロ経済学


microgram   【名】マイクログラム、100万分の1グラム


micrometer   【名】マイクロメートル、100万分の1メートル

=micron 【名】ミクロン(発音は、「マイクロン」)

   ※参考までに、micromicro-は、接頭辞で、1兆分の1
    micromicronは、100万分の1ミクロン
    =一兆分の1メートル
    =picometer


microphone 【名】マイクロフォン

   ※micro(拡大する)+ -phone(音)


microscope  【名】

   ※micro(拡大する)+ -scope(~を見る装置)


microprocessor 【名】マイクロプロセッサー

   ※micro(非常に小さい)+ -proscessor(処理装置)




それでは、「micro-」はこれくらいにして、次の言葉へ移ります。

ラテン語に語源を持つ指小辞の「-cle」「-cule」です。

こちらは、「小さい」という意味を持ちます。

では、言葉を見てみましょう。



molecule  【名】分子

   ※mole(かたまり)+ -cule(小さい)


animalcule 【名】極微動物(肉眼で見えないアメーバ、ソウリムシなど)

   ※animal(動物)+ -cule(小さい)


opuscule  【名】小作品、小曲、つまらない作品

   ※opus(作品)+ -cule(小さい)


cuticle  【名】キューティクル、表皮、角皮

   ※cuti(皮膚)+ -cule(小さい)  


particle 【名】微粒子、小片、微量

   ※parti(部分)+ -cule(小さい) 


particular 【形】特に、特有の、特別の

   ※particu[le](小部分の)+ -lar(のような)


pinnacle 【名】小尖塔、ピナクル、頂上、
         (通例、theをつけて)頂点、絶頂

   ※pinna(翼、尖塔)+ -cule(小さい) 
 


さて、いかがでしたでしょうか?

circle(サークル、円)も実は、circus(円、円形劇場)に

指小辞の「-cle」をつけて出来たことばで元々は、「小さな円」を

表す言葉だったそうです。


ところで、ビル・ゲイツはなぜ、自分の会社のことをMicrosoftと

つけたのでしょう?

インターネットで調べると、

「マイクロコンピューター・ソフトウェア」の略ということで、

あまり深い意味はないようでした。

「拡大するソフト」なんて意味を含ませたのかなとも思いましたが、

違ったようです。



では、また、次回は別の言葉を取り上げていきます!

----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-07-23 18:50 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリを増やそう!:「-ling」と「-kin」は「小さい」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

前回は、ラテン語を語源とする、接頭辞「Omni-」と

ギリシア語を語源とする「Pan-」が、「すべて」という意味を

持つと学習しました。


今回と次回ではに二回に分けて、「小さい」という意味を持つ、接頭辞、接尾辞を

見ていきます。



※「小さい」という意味の接尾辞は、以前、2005年4月25発行創刊第0010号にて、
 ”ボキャブラリーを増やそう!英語で「プチ?」”という題名で扱ったことが
  ありますので、併せてご覧下さい。

 URLはこちら! http://tgeveryday.exblog.jp/4278944



ということで、今日は、古英語を語源とする、指小辞の「-ling」と

古独語を語源とする「-kin」を取り扱います。

(接尾辞でも、小さいものを表すものはとくに「指小辞」と呼びます)



まず、最初の「-ling」は、「小さい」という意味に加えて「若い」「劣る」などの

意味も持ちます。

また、「~に関わりのある人物(しばしば卑下したニュアンスを含む)」の

ような意味もありますので、

この言葉のニュアンスをつかんで身につけてください。


では、行ってみましょう!


darling 【名】最愛の人、お気に入りの物(人)、あなた、おまえ

   ※dar(かわいい人=dear)+ -ling(小さいもの)

   ※指小辞をつけることで意味を強調しています。


duckling 【名】子がも、アヒルの子

※duck(あひる)+ -ling(小さいもの)


fledgeling 【名】羽の生えたてのひな鳥、駆け出しの若者

   ※fledge(羽が生えそろう)+ -ling(小さいもの)
 
   ※fledglingと「e」を除いてつづる場合もあります。


halfling 【名】大人になっていない人、未成熟者、ホビット

   ※ホビット=架空の「こびと族」のこと。
     映画「ロード・オブ・ザ・リング」で有名。

   ※half(半分)+ -ling(小さいもの)

   ※指小辞をつけることで意味を強調しています。


hireling 【名】金目当ての人、雇われ人

   ※hire(雇う)+ -ling(~に関わりのある)


nestling  【名】ひな鳥、赤ん坊、幼児

   ※nest(巣)+ -ling(~に関わりのある)


princeling  【名】1.幼君、2.小君主

   ※1.の意味で=princekin
 
   ※2.の意味で=princelet

   ※prince(王子)+ -ling(小さいもの)


sapling  【名】若木、苗木

   ※sap(樹液、活力)+ -ling(~に関わりのある)


underling 【名】下っぱ、下役

   ※under(下)+ -ling(~に関わりのある)


worldling  【名】俗物、名利を追う人

   ※world(世俗、世の中)+ -ling(~に関わりのある)




もうすでにprincekinという言葉が出てきましたが、次に「-kin」を見ていきます。

この言葉は、「小さい」という意味のみと考えていいようです。

では、いってみましょう!


cannikin  【名】小さな缶、小さなコップ

   ※can[ni](缶)+ -kin(小さい)

   ※cannakin、canikinともつづります。


devilkin  【名】小悪魔、小鬼

   ※devil(悪魔)+ -kin(小さい)


lambkin  【名】小さい子羊、かわいい子

   ※lamb(子羊)+ -kin(小さい)


manikin 【名】1.《やや古》小人(dwarf).
         2.人体解剖模型.
3.マネキン=mannequin
          オランダ語のmanneken (man人+-ken指小辞=小人)より

   ※man(人)+ -kin(小さい)

   ※mannikinともつづります。


napkin  【名】テーブルナプキン、おむつ、ナプキン、小さなタオル

   ※nap(布)+ -kin(小さい)
(nap=布は、ラテン語のmappa=ナプキン、布より)



さて、今日の言葉の旅はいかがでしたでしょうか?


----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-07-22 18:48 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリを増やそう!:「Omni-」は、「すべて」「あまねく」、「Pan-」も「すべて」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

今日は、ラテン語を語源とする、接頭辞「Omni-」と

ギリシア語を語源とする「Pan-」を見ていきたいと思います。



「Omni-」は、英語で言いますと「all」、「すべて」、もしくは、「universally」、

「ひろく、あまねく」、といった意味を持ちます。


「Pan-」もだいたい同じで、「all」」、「すべて」の意味を持ちます、



では、早速、「Omni-」からいってみましょう!



omnibus 【名】1.乗り合い自動車、バス
       (古い言い方:現在はbus。
        ただし、会社名などでは、このまま使われます。)

         2.(テレビ、ラジオ、CDなどの)総集編、編集版
    
    ※ラテン語のomnibus=万人のための馬車(誰でも乗れる馬車)が語源


omnicide  【名】大量殺戮

    ※omni(すべて)+ -cide(殺すこと)


omnidirectional 【形】(マイク・アンテナが)全方位の、(外交が)全方位の

 
    ※omni(すべて)+ -directional(方向の)


omnipotent  【形】全能の(almighty)、絶大な力を持つ

    ※omni(すべて、あまねく)+ -potent(能力がある)



では、次に「Pan-」です。


panorama 【名】全景、概観、パノラマ、回転画、連続して移り変わる光景

    ※pan(すべて)+ -orama(景色)
      (景色はギリシア語でhorama)


panacea  【名】万能薬

    ※pan(すべて)+ -acea(治療)
      (治療=aceaはギリシア語でakosから来ています)


Pangea  【名】パンゲア、汎大陸

    ※大陸移動が行われる前の超大陸。
     pan(すべて)+ -Gaia(大地の女神)からの造語。


pandemic 【形】(病気が)全地域にわたる、全国に流行している、 一般的な

    ※pan(すべて)+ -demo(民衆)+ -ic(形容詞化語尾)


pandemonium 【名】 悪魔の巣窟、大混乱(の場所)、地獄

    ※pan(すべて)+ -demon[ium](悪魔)=悪魔がたくさんいるところ


panhuman 【形】 全人類的な

※pan(すべて)+ -human(人間の)


pantheon  【形】殿堂、パンテオン、神々、英雄

    ※the Pantheon=ローマのパンテオン

    ※pan(すべて)+ -theon(神)


----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-07-21 18:44 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリを増やそう!:「-arium」「-orium」は「場所」「~所」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

今日は、ラテン語を語源とする、接尾辞Suffixの

「-arium」「-orium」を見ていきたいと思います。

これは、「場所」「~所」、もしくは、「~に関する場所」、

「~に関する空間」、「~に関する物」といった意味を持ちます。

今日もさまざまなことばと組み合わさり、意味が合成されていく様を

楽しんでください!

※接尾辞の検索は、ヤフー、インフォシーク、ライブドアなどの辞書を使った
 検索が便利です。(後方一致=「~で終わる」で検索してみて下さい。)


planetarium【名】プラネタリウム、星座投影機

    ※planet(惑星)+ -arium(~に関する場所)


sanatorium 【名】サナトリウム、保養所、保養地

    ※sanat(病気を治す)+ -orium(~に関する場所)


aquarium    【名】水槽、養魚タンク、水族館

    ※aqua(水)+ -arium(~に関する場所、物)


terrarium 【名】(陸生小動物用の)飼育器、(植物栽培用の)ガラス器

    ※terra(大地)+ -arium(~に関する物)


dolphinarium  【名】イルカ水族館

    ※dolphin(イルカ)+ -arium(~に関する場所)


herbarium   【名】植物標本室、植物標本箱、植物標本集

    ※herb[a]+ -arium(~に関する場所、物)

    ※日本語にもなっている「ハーブ(香草、植物)」を思い出してください。


honorarium  【名】謝礼

    ※honor(尊敬)+ -arium(~に関する物)


insectarium 【名】昆虫飼育場、昆虫飼育館

    ※insect(昆虫)+ -arium(~に関する場所)


rosarium   【名】 バラ園

    ※ros(バラ)+ -arium(~に関する場所)

oceanarium 【名】海洋水族館

    ※ocean(海)+ -arium(~に関する場所)


solarium   【名】日光浴室、サンルーム、日焼け用紫外線放射ベッド

    ※sol[ar](太陽の)+ -arium(~に関する場所)



さて、いかがでしたでしょうか?



----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-07-20 18:40 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリを増やそう!:「-gamy」は「結婚」「生殖」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

今日は、ギリシア語を語源とする、接尾辞の「-gamy」を

見ていきたいと思います。

これは、「結婚」もしくは、「生殖」といった意味を持ちます。

さまざまな接頭辞などと組み合わさり、意味が合成されていく様を

楽しんでください。

こう見ていくと、英単語も漢字もそう遠くはないと思うのは私だけでしょうか?


では、いきましょう!

※接尾辞の検索は、ヤフー、インフォシーク、ライブドアなどの辞書を使った
 検索が便利です。(後方一致=「~で終わる」で検索してみて下さい。)


bigamy  【名】重婚(罪)、重婚者

    ※bi(2つの)+ -gamy(結婚)


digamy  【名】再婚

    ※di(2つの、二回目の)+ -gamy(結婚)

    =deuterogamy 【名】再婚 deutero(第二の)+ -gamy(結婚)


monogamy  【名】一夫一婦婚、単婚、一雌一雄の習性

    ※mono(ひとつの)+ -gamy(結婚)


polygamy 【名】一夫多妻、一妻多夫

    ※poly(多くの)+ -gamy(結婚)


misogamy 【名】結婚嫌い

    ※miso(~嫌い)+ -gamy(結婚)


autogamy 【名】自花受粉、自家受粉

    ※auto(自ら)+ -gamy(生殖)

⇔allogamy【名】他花受粉 allo(他の、異型の)+ -gamy(生殖)


apogamy 【名】アポガミー、無配生殖

    ※apo(~離れて、~の欠如した)+ -gamy(生殖)


endogamy  【名】族内婚、 同族結婚

    ※endo(内側)+ -gamy(結婚)

    ⇔exogamy【名】族外結婚  exo(外部)+ -gamy(結婚)



さて、いかがでしたでしょうか?

辞書をいろいろと調べてみると、時間があっという間にたってしまいます。

たまには、そういった知的探検の時間を持たれることをお勧めします。


----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-07-19 18:37 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリを増やそう!:「Sta-」は「立っている」「止まっている」→「位置」「彫像」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

今日は、

◎「Sta-」は「立っている」「止まっている」→「位置」「彫像」

というお題目を扱うんですが、大辞典などを調べていただけば

わかると思いますが(リーダースはダメ)「Sta-」はひとつの語源の

接頭辞としては、紹介されてません。

しかし、今日は憶えるためには一個にまとめちゃいましょう!

って、話です。

最初にウンチク書いておきます。

(読み飛ばして、単語にいってもかまいません!)

※「・」は接頭辞がわかりやすいように一時的に入れた記号です。

sta・nd 古英語で「立つ」「立っている」

sta・re ラテン語で「立っている」「止まっている」

sta・nza  イタリア語で「位置」「場所」

sta・tikos ギリシア語で「立たせること」

ここらへんが語源でいろいろな英単語を生み出してます。

「立って、止まって」いるから「彫像」なんて意味も派生してます。


では、そんな、

「Sta-」は「立っている」「止まっている」→「位置」「彫像」

を見ていきましょう!



stable(1) 【形】安定している、一定の、断固とした

    ※st[a](立っている)+ -able(できる)=(しっかりと)立っていることができる


stable(2) 【名】馬小屋、厩舎

    ※「馬が立っているところ」が原義


stage 【名】舞台、ステージ、段階

    ※古フランス語 estage=建物の階、位置→立っている場所が原義


stance   【名】スタンス(打者の足の位置、配置)、構え、態度

    ※イタリア語 stanza「位置」「場所」より


stand   【動】立つ、立ちあがる、耐える、辛抱する
      【名】観客席、スタンド

    ※古英語より


standard  【名】基準、標準、規範、誠実

    ※stand(立つ)+ -ard(場所、点)=集結地点、基準地点


static   【形】静的な、固定的な、静電の

    ※ギリシア語statikos(立たせること)→静止状態の


station   【名】駅、バスの停留所、場所、位置
         ~署(police station 警察署)
         ~局(broadcasting station 放送局)

    ※屋根のない小さな駅、停留所は、<米>stop、<英>halt


statue   【名】像、彫像


stature   【名】身長(=height)、資質、能力

     ※身長は、「立った」高さ


status   【名】地位、身分


state 【名】状況、様子、国、国家

     ※status、stateともに「立っている状態」が原義


stay 【動】とどまる、滞在する、(ある状態のままで)いる

     ※ラテン語 stare「立っている」「止まっている」より


establish 【動】設立する、設置する、制定する

     ※古フランス語 establir 「強固なものにする」が原義


estate   【名】地所、土地、大農園

     ※ラテン語 status=状況、状態から発生して→財産→地所


obstacle  【名】障害、支障

     ※ob(~に反対して)+ -stacle(立つもの)=抵抗、障害となるもの



さて、いかがでしたでしょうか?

「Sta-」=「立つ」「止まる」というニュアンスが実感できましたでしょうか?



----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-07-18 18:30 | 語源で増やすボキャブラリ!