アキュワーズ代表の柏木です。言葉を習得すると世界が一気に広がります。英語を習得し、世界を広げ、素敵な未来を創っていきましょう!
by tgeveryday
カテゴリ
英語生活のすすめ
語源で増やすボキャブラリ!
心に響く繰りかえし読みたい英語
「よーし!柏木」こころの日記
お知らせ
以前の記事
2006年 12月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2006年 06月 20日 ( 1 )

ボキャブラリーを増やそう!「Bene-」「Bon-」は「良い」「善」

今日のボキャブラリー編は、前回のの「Mal-」は「悪」、「悪い」とは、
反対の「Bene-」「Bon-」は「良い」「善」を取り上げます。

最初に前回の記事では、

malediction  【名】 呪い、中傷、悪口

※mal(e)[悪い]+dic[言葉] で悪い言葉で、呪い、悪口という
    意味が出てきます。

というのがありましたよね。

そして、前々回の記事では、

benediction 【名】祝福、祝祷(しゅくとう)

※bene[よい]+dic(tion)[言葉]

というのを取り上げました。



「Bene-」はラテン語語源で「良い」というい意味なのです。

では、それで始まる言葉を捜していきます。


benefit   【名】利益、恩恵、特典

  ※profitという単語を辞書で引いてみてください。
   具体的利益である「利潤」という意味があります。

beneficial  【形】有益な

benefactor  【名】恩人、後援者

  ※女性形は、benefactressです。


benefaction 【名】恩恵、善行


などがあります。


そして、「Bon-」ですが、これは、フランス語で「良い」という意味です。

どんな言葉があるでしょうか?


bonhomous   【形】きさくな、気立ていい

bonhomie 【名】きさくなこと、人当たりのよさ

bonism     【名】(現世を善と考える)善世説

などがあります。しかし、これらは、使用頻度が低い単語かも知れませんね。


このような言葉よりは、日常会話でも、フランス語そのもので、

bonjour (フランス語で)こんにちは、おはよう、ボンジュール

bonsoir (フランス語で)こんばんは、おやすみなさい、ボンソワ

bon voyage (フランス語で)よいご旅行を、ボンボヤージ


などのほうが英語会話でもよく使うかもしれませんね。


最後にラテン語語源に戻ってひとつ言葉を紹介します。

bonus   【名】特別手当、賞与、予期しない贈り物、特典

  ※これは、ラテン語で「良いもの」というのが語源です。
   ボーナスが嫌いな人はいないですよね。
   ただし、英米では、日本のように定期的に支給されるボーナスというのは、
   存在せず、特別な働きをしたときの特別賞与といった意味合いで
   支給されます。


みなさんも、是非
さらに辞書や単語と仲良くなってください。

がんばりましょう!


----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


→→
楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-06-20 17:24 | 語源で増やすボキャブラリ!