アキュワーズ代表の柏木です。言葉を習得すると世界が一気に広がります。英語を習得し、世界を広げ、素敵な未来を創っていきましょう!
by tgeveryday
カテゴリ
英語生活のすすめ
語源で増やすボキャブラリ!
心に響く繰りかえし読みたい英語
「よーし!柏木」こころの日記
お知らせ
以前の記事
2006年 12月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2006年 06月 18日 ( 2 )

ボキャブラリーを増やそう!「Dic-」「Dict-」は言葉。

今日は、「Dic-」「Dict-」を取り上げます。
「言葉」、「言う」という意味があります。

まず、最初にいくつか単語を紹介します。

dictate    【動】口述する、要件を書き取らせる
      【名】命令{めいれい}


dictation 【名】ディクテーション、口述、口述筆記、書き取り

   ※英語のテストなどでもやりましたよね。


dictionary  【名】辞書

※まさに言葉を集めたものです。


diction 【名】言葉遣い、語法、口調

dictum 【名】ことわざ、言明、意見、格言、金言、公式見解


こんな言葉がありますが、言葉の終わりに使われている例をいくつか
紹介します。


predict    【動】予測する、予知する、予言する

※pre(あらかじめ、前もって)+dict(言う)

contradict   【動】否定する、反論する、矛盾する、相反する

  ※contra(~に反して、~を否定して)+dict(言う)

benediction 【名】祝福、祝祷(しゅくとう)
 
  ※bene(よい)+diction(言葉)

verdict 【名】評決、判決、答申

   ※ver(真実)+dict(言葉、宣言)

interdict  【名】(裁判所、行政官による)命令、禁止(差し止め)命令
     【動】禁止する、禁じる

   ※inter(~の間に)+dict(言う)=口をはさむ→禁じる

edict  【名】 布告、命令

  ※e(外へ)+dict(言う)

valedictory   【名】 告別の辞、別れの言葉、卒業生代表の告別演説
【形】 告別の、別れの

   ※vale(別れさようなら)+dict(ory)(言葉)
   ※valedictorianは、アメリカで卒業生総代の意味


同じ語源での言葉の横展開記憶は、忘れにくいものになります。
さらに辞書や単語と仲良くなってください。

がんばりましょう!


----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→話せる英会話なら「トークるズ!」

トー来るズロゴ青中


→→
楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-06-18 17:08 | 語源で増やすボキャブラリ!

ボキャブラリーを増やそう!「Soph-」は「知」「智」

前回の記事では、「Phil-」、「愛、愛する」という言葉を
とりあげました。

そのなかで、philosophy 哲学

  ※phil[愛する]+soph[知、知識]
   知を愛する人が哲学者

という言葉を紹介をしましたが、今日はその「Soph-」=「知」「知識」を
取上げます。

まず、最初に、

Sophia University  上智大学

という大学があります(って私も通っていたのですが)
このSophiaは、ギリシア語で「知恵」もしくは、「最高の知恵」という
意味があります。「上智」とは、その対訳なのですね。

では、「Soph-」で始まる単語をいくつか探してみます。

sophist  ソフィスト、詭弁家(きべんか)、知者

sophisticate  (名)センスのある人、上品な人、品のある人、あか抜けた人
       (動) (人を)世慣れさせる、洗練する

sophisticated  (形)洗練された、教養のある

sophism    詭弁、こじつけ

などがあります。

そして、大学生の二年生のことを sophomoreといいますよね。

これがどうして、二年生なんでしょう?
調べてみますと、

soph(o)[知恵]+mor(e)[愚かな]という意味で、ニュアンスとては、
ちょっと知恵のついたおろかなものという意味だったんです。

ふむふむ、二年生はまだ、未熟ってことですか。

では、「Mor-」で始まることばを探してみます。

moron    ばか者、愚か者

moronity   軽度の知的障害


最後に、参考としまして、
大学などでの学年の呼び方は以下の通りです。

一年生   freshman
二年生 sophomore
三年生   junior
四年生   senior


さて、今日の単語は、いかがでしたでしょうか?
さらに辞書や単語と仲良くなってください。



----------

■英語を話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→話せる英会話なら「トークるズ!」

トー来るズロゴ青中


→→
楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-06-18 17:05 | 語源で増やすボキャブラリ!