アキュワーズ代表の柏木です。言葉を習得すると世界が一気に広がります。英語を習得し、世界を広げ、素敵な未来を創っていきましょう!
by tgeveryday
カテゴリ
英語生活のすすめ
語源で増やすボキャブラリ!
心に響く繰りかえし読みたい英語
「よーし!柏木」こころの日記
お知らせ
以前の記事
2006年 12月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2006年 06月 16日 ( 1 )

ボキャブラリーを増やそう!「Cap-」は「頭」そして、「捕らえる」

さて、今日は、二つの語源からくる「Cap-」で
始まる単語を見ていきましょう。

まずは、capそのものの意味ですが、これは帽子とか、
ペンのキャップという意味がありますよね。頭とか先頭、そして、
重要なと言う意味があります。

そんな単語を探していきます。

captain  船長、艦長、海軍大佐

cape    岬

  ※海へ向かって頭を差し出したような状態なので
  
  ※the Cape of Good Hopeは、喜望峰

capital  首都、大文字、頭文字、資本
    (形)最大限の、頭文字の、重要な

  ※capitalismは、資本主義

the Capitol アメリカの国会議事堂

cabbage   キャベツ

  ※cabと語形がちょっと変化してますが、頭の形に似ていることからが語源です。



さて、頭、重要のほかに語源として、「Cap-」は「捕らえる」というのもあります。
ラテン語のcaput-(取る、捕まえる)から来ています。具体的には、

capture   捕まえる、捕獲

captive   捕虜

captor   捕獲者

などがあります。

最後に、捕まえるという意味の「Cap-」ですが、

caption   新聞、雑誌などの見出し文、説明文、キャプション

という言葉がありますが、これは、「取る、捕まえる」といいう
語源ですが、見出しという意味では、headlineも良く使います。
おや?head頭という意味が出てきました。こういった発見は面白いですよね。

----------

■英語を話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→話せる英会話なら「トークるズ!」

トー来るズロゴ青中


→→
楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-06-16 17:00 | 語源で増やすボキャブラリ!