アキュワーズ代表の柏木です。言葉を習得すると世界が一気に広がります。英語を習得し、世界を広げ、素敵な未来を創っていきましょう!
by tgeveryday
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
英語生活のすすめ
語源で増やすボキャブラリ!
心に響く繰りかえし読みたい英語
「よーし!柏木」こころの日記
お知らせ
以前の記事
2006年 12月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ボキャブラリを増やそう!:「fer」は「持ってくる」「運ぶ」

さて、今日のボキャブラリ編ですが、今週は、「持つ」という

ニュアンスを持った言葉の最終回です。


さて、前々回の第一弾は、ラテン語を起源とする、「hab」「hibit」でした。

「持つ」以外に「保つ」などの意味がありました。

第二弾「port」は、「持ち運ぶ」というニュアンスがありました。


第三弾、「gest」は、portに近いニュアンスで、「運び出す」などの意味が

ありました。


今日は、最終回です。

第四弾、「fer」です。

ラテン語のferreに由来し、「持つ」というニュアンスより

「持ってくる」「持っていく」「運ぶ」という意味がある言葉です。


また、これ以外に「生じる」「生み出す」「耐える」という意味でも

使われます。この意味では、英語のbear(生む、耐える)に近いです。




では、早速、単語を見ていきます。


confer 【動】話し合う、協議する
      (恩恵・贈物などを)与える、(資格・称号などを)贈る

  ※con(一緒に)+ -fer(持ってくる)=意見を集める=協議する

  ※con(一緒に)+ -fer(運ぶ、持って行く)=贈る

  ※conference 【名】会議、協議会、協議


differ  【動】異なる、意見を意にする

  ※dif(分離、~を離れて)+ -fer(運ぶ)
difは、「dis-」(分離)の異型

  ※difference【名】相違、違い、差、区別

  ※different【形】~と違う、~とは異なった

   (熟)be different from~:~とは違った


defer 【動】遅らせる、延ばす(=postpone, put off)
       従う、譲る

  ※de(下へ)+ -fer(運ぶ)


fertile  【形】肥えた、肥沃な、多産の、創造力に富む

  ※fer[t](生み出す)+ -ile(できる)=生むことができる


infer 【動】推察する、推定する

  ※in(~の中へ)+ -fer(運ぶ)=こころの中へ運ぶ


offer 【動】申し出る、誘いをかける、提案する

  ※of(~の方へ)+ -(運ぶ)
    of は「Ob」(~の方へ)の異型。
    いずれここで扱います。


prefer 【動】~よりも~を好む、~より~が好き

  例)I prefer chiken to beef.(私は、牛肉より鶏肉の方が好きだ)

  ※pre(前もって)+ -fer(運ぶ)=先に運んでおく=好きである


refer 【動】言及する、引用する、参照する、紹介する、委託する

  ※re(もとへ、再び)+ -fer(運ぶ)

  ※reference【名】言及、参照、出典、参考書、委託

  ※referee【名】審判員、レフェリー、審査員

    refer(委託)+ ee(~される人)=委託された人



ここで、ちょっと脱線です。

スポーツなどの審判員という言葉にはおおきく二つありますよね。

今回出てきたレフェリーと野球などで使うアンパイア(umpire)です。


refereeは、

basketball, boxing, football, wrestring, hockey, billiardsなどに使われます。

footballには、American football, soccer, rugbyも含みます。


一方、umpireは、

baseball, badminton, cricket, table tennis, tennis, volleyball

などで使われます。


こう見てみますと、おおまかに、レフェリーは、プレイヤーが競技場を攻守入り乱れて

動き回るようなスポーツで、審判も選手同様に動き回るようなものが多いですね。


一方、アンパイアの方は、野球やテニスのように攻守の順番やお互いのフィールドが

はっきり分かれていて、審判員の位置も基本的に固定というものが多いようです。


私は、ビリヤードという協議はあまりよく知らないのですが、プレイヤーは、

テーブルの上を交互に自由に玉をはじいてる光景からは、レフェリーの方が

正しいのかなと思います。



さて、本題に戻って、もう少し、言葉を探していきます。


suffer 【動】(被害を)被る、心労する、苦労する、(病気を)わずらう)、
       悩む

  ※suf(~の下で)+ -fer(運ぶ、耐える)
    sufは、「sub」(下)の異型


transfer 【動】移動させる(する)、転任させる(する)、乗り換えさせる(する)
     【名】移転、移動、転任、乗り換え

  ※trans(~を越えて、別の場所へ)+ -fer(運ぶ)


さて、今日のボキャブラリ編はいかがでしたでしょうか?

次回は、また、別の言葉を取り扱っていきます。

話せる英会話なら「トークるズ!」

トー来るズロゴ青中



→→
楽しいブログ「トークるズで英語と英会話」
[PR]
by tgeveryday | 2006-08-05 19:23 | 語源で増やすボキャブラリ!
<< ボキャブラリを増やそう!:「p... ボキャブラリを増やそう!:「g... >>