アキュワーズ代表の柏木です。言葉を習得すると世界が一気に広がります。英語を習得し、世界を広げ、素敵な未来を創っていきましょう!
by tgeveryday
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
英語生活のすすめ
語源で増やすボキャブラリ!
心に響く繰りかえし読みたい英語
「よーし!柏木」こころの日記
お知らせ
以前の記事
2006年 12月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ボキャブラリを増やそう!:「hab」「hibit」は「持つ」

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

さて、今日のボキャブラリ編ですが、今週は、「持つ」という

ニュアンスを持った言葉を取り扱っていきます。



その第一弾は、ラテン語を起源とする、「hab」「hibit」です。

英語のhaveに近いので、憶えやすいですね。ただし、実際には、

「持つ」以外に「保つ」「保持・保管する」などの意味もあり英語では、

holdに近いニュアンスも持ちます。


では、早速、単語を見ていきます。



habit 【名】習慣、癖

  ※ラテン語habitus「状態、服装」より
   (「持つ=have」ようになったものが原義」

  ※habitual【形】習慣的な、常習的な


rehabilitate 【動】修復する、機能回復訓練をする、リハビリさせる

  ※re(再び)+ hab(持つ)+(a)bil[i](~にできる)+ate(~させる)
   ちょっと長いですが、「もう一度、能力を持つようにさせる」という意味です。

  ※rehabilitation【名】リハビリテーション、修復

exhibit 【動】展示する、公開する、~を見せる

  ※ex(外へ)+ hibit(持つ)=差し出す→公開する

  ※exhibition【名】展覧会、展示会、提示、表示

  ※exhibitor/exhibiter【名】展示者、出品者


inhibit 【動】(行動・衝動などを)抑制する、自制する(=restrain)、妨げる
        ~させないようにする、禁止する

  ※in(否定)+ -hibit(持つ)=持たせないようにする

  ※inhibition【名】抑制、禁止



prohibit 【動】(法律・権限によって)禁じる、禁止する、~させないようにする

  ※pro(前もって)+ hibit(保管する)
   =前もって(触れないように)保管しておく→事前に禁止する


ここで、「禁じる」「~させないようにする」という言葉が出てきましたので、

ちょっと脱線して、ニュアンスの違いを説明したいと思います。

その前に、同じような意味を持つ言葉がもう一個ありますので、紹介します。


forbid 【動】~を禁じる、~するのを禁じる、~させない

  ※for(禁止=not)+ bid(命令する)=~しないよう命ずる


この三つの言葉の構成をみると意味が見えてきますよね。



●forbid が一番広く用いられる禁止命令をあらわす言葉です。

法律的な禁止、宗教や慣習での禁止、権威からの禁止等々です。

「命令」というニュアンスがありますので、

他人に面と向かって禁止するという含意もあります。

(「面と向かって禁止する」という意味でないと使えないということでは無いです)


 ※この言葉は是非辞書を引いてみて下さい。



●inhibitは、「持つこと」の「否定」ですから、衝動を抑えるとか、抑制する、

(押さえつけて)~させない(=妨害)などの意味がある言葉です。

例)inhibit one's desires
(欲望を抑える)

  I was inhibited from going there by urgent business.
  (私は急な仕事でそこに行くことができなくなった)



●prohibitは、「前もって禁止する」わけですから、何か法律や組織の決まりなどで

禁止をするという意味になります。

特に、法律用語として法令などによる禁止を意味します。

例)Smoking is prohibited in this area. この場所での喫煙は禁じられています。





さて、今日の言葉はいかがでしたでしょうか?

次回も「持つ」のニュアンスの言葉を取り上げていきます。

----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-08-02 19:18 | 語源で増やすボキャブラリ!
<< ボキャブラリを増やそう!:「p... 英語で「耳鼻咽喉科」はなんて言うの? >>