アキュワーズ代表の柏木です。言葉を習得すると世界が一気に広がります。英語を習得し、世界を広げ、素敵な未来を創っていきましょう!
by tgeveryday
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
英語生活のすすめ
語源で増やすボキャブラリ!
心に響く繰りかえし読みたい英語
「よーし!柏木」こころの日記
お知らせ
以前の記事
2006年 12月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


英語で「耳鼻咽喉科」はなんて言うの?

みなさん、英会話、英語学習してますか!?

さて、今日のボキャブラリ編ですが、日本語でもちょっと難しい

「耳鼻咽喉科」という言葉から、言葉のリンクを探っていきたいと思います。


英語で「耳鼻咽喉科」ってなんていうんでしょう?

答えは、ENTです。



ENT 【名】耳鼻咽喉科(Ear, Nose and Throatの頭文字を取った略語)


「耳」と「鼻」と「のど」ですね。

そのまんまやん!

そう、そのままです。

もう一つ「耳鼻咽喉科」もしくは、「耳鼻咽喉学」「耳鼻咽喉医学」という

意味で使う言葉があります。これは、ちょっと難しい言葉です。

それは、



otorhinolaryngology 【名】耳鼻咽喉科、耳鼻咽喉学

  ※oto(耳の)+ rhino(鼻の)+laryngo(咽喉の、のどの)+logy(学問)


とっても長い単語ですが、これもそのまんまつなげただけです。

やっぱり、そのままやん!(笑)

言葉は、生き物です。

シンプルでないと使えないし、残っていかないですよね。


学問系の言葉はギリシア語が語源である場合が多いですが、

これも多分にもれずギリシア語発の言葉です。


今日は、「耳鼻咽喉(科)」という言葉からちょっと言葉を広げていきます。



まず、「oto-」=「耳」から。


otology  【名】耳科学

  ※oto(耳の)+ -logy(科学)


otoscope  【名】耳鏡

  ※oto(耳の)+ -scope(見る装置)


otitis 【名】耳炎

  ※ot(鼻の)+ -itis(~炎)



続いて、「rhino-」=「鼻」。


rhinoceros 【名】(動物の)サイ

  ※rhino(鼻の)+ -ceros(角、つの)



鼻に角があるから「サイ」。

非常に単純です。

(発音は、辞書で調べてみてくださいね!)


また、「角(つの)」関係でいくと、


monoceros  【名】一角獣(想像上の動物)

  ※mono(1,ひとつ)+ -ceros(角、つの)


「角(つの)」が「ひとつ」で一角獣。

これも単純です。


言葉はわかりやすくないと生き残りません。

なので、難しそうな言葉も元々は単純な生い立ちなものが多いです。

では、「のど」に戻りましょう。


rhinology  【名】鼻科学

  ※rhino(耳の)+ -logy(科学)


rhinoscope  【名】鼻鏡

  ※rhino(耳の)+ -scope(見る装置)


rhinitis 【名】鼻炎

  ※rhin(鼻の)+ -itis(~炎)



「耳」と同じような単語を取り上げてしまいましたが、

実際に辞書を引いてもそれほど多くの単語はありません。

では、次に「のど、咽喉」=「laryngo」です。

同じパターンですが、


laryngology  【名】咽喉学

  ※laryngo(のどの)+ -logy(科学)


laryngoscope  【名】耳鏡

  ※laryngo(耳の)+ -scope(見る装置)


laryngitis 【名】咽喉炎

  ※laryng(のどの)+ -itis(~炎)


こんな言葉がありました。



では、今日は、最後に病院の「科」に関する単語をまとめてみます。

たとえば、耳鼻咽喉科は、大きな病院の一つの科だったりすると


department of otorhinolaryngologyとか、otorhinolaryngology department

などと言います。

また、otorhinolaryngologyとだけ言う場合もあります。

(ENTはもちろん、よく使います)

その前提で otorhinolaryngologyの部分にあたる言葉を紹介します。


internal medicine 【名】内科


surgery 【名】外科、手術

  ※スペリングが変化してますが、元となる言葉は、ギリシア語の
   cheirourgos(手仕事、手細工)です。


plastic surgery  【名】形成外科

  ※この場合のplasticは、物質の「プラスチック」ではなく、
「(思い通りに)形作られる」「形成力のある」「塑(そ)造の」と
   言う意味です。


orthopedic surgery 【名】整形外科

  ※orthopedicだけでも「整形外科」の意味で使います。


ophthalmology 【名】眼科、眼科学

  ※省略して、ophthal.とも使います。
  

dermatology 【名】皮膚科、皮膚科学

  ※derma(皮膚の)の接頭辞の言葉では、
   dermatisis【名】皮膚炎などがあります


dentist 【名】歯医者

  ※「歯科」の意味では、dental(surgery), dentistryなどがあります。
  
  ※「dent-」は、「歯」という意味の接頭辞です。

  ※dental【形】歯の、歯科の


Obstetrics and Gynecology 【名】産婦人科、産婦人科学

  ※obstetrics【名】産科学(obs.もしくは、obstet.と略すこともあります。)

  ※gynecology【名】婦人科医学(gyn.と略すこともあります)


urology  【名】泌尿器科、泌尿器科学

  ※「uro-」は、「尿」「尿素」などの意味を持つ接頭辞。



さて、今日の言葉はいかがでひたでしょうか?

次回は、違ったことばを取り上げていきます。


----------

■英語が話せるようになるためには大きなお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→つづきはこちらをクリック!

トー来るズロゴ青中


楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-08-01 19:16 | 語源で増やすボキャブラリ!
<< ボキャブラリを増やそう!:「h... ボキャブラリを増やそう!:「v... >>