アキュワーズ代表の柏木です。言葉を習得すると世界が一気に広がります。英語を習得し、世界を広げ、素敵な未来を創っていきましょう!
by tgeveryday
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
英語生活のすすめ
語源で増やすボキャブラリ!
心に響く繰りかえし読みたい英語
「よーし!柏木」こころの日記
お知らせ
以前の記事
2006年 12月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ボキャブラリーを増やそう!「Cred-」は「信じる」「信用」

今日のボキャブラリー編は、接頭辞「Cred-」を取り扱います。

最近、若い人でなくても、「ありえな~い」を使う人が増えてきたように
思います。英語で、「ありえない」「信じられない」は、

1. unbelievable

2. incredible

です。

1.は、(un)という否定の意味を作る接頭辞がついて、
「信じる」という意味の動詞(believe)からできる「信じられる」という意味の
形容詞(believable)を否定することで、「信じられない」「ありえない」
という意味が形作られています。

さて、2.は?

「cred」の部分に「信用」という意味が含まれています。
では、「Cred-」を含む言葉をさがしてみましょう。

credit 信用、クレジット、信用貸し
 
   ※会計用語で貸方の意味もありますが、その反意語はdebitです。

credible  (形)信用できる、当てになる

   ※反意語は既出のincredible

creditable  (形)信用できる、立派な、尊敬に値する

   ※反意語はdiscreditable

credence   信用、信任、信憑性

credential   信用証明書、信用賞味物、(大使、公使などの)信任状

the Credo(キリスト教の)使徒信条

そして、ちょっと語形が変りますが、

creed    信念、綱領、信条

などがあります。


----------

■英語を話せるようになるためにはお金は必要ありません。


私は英会話スクールに200万、英会話教材に100万かけてもまったく
話せるようになりませんでした。


英会話にはお金は必要ありません。


私はほとんどお金をかけずに話せるようになりました。
英会話に暗記は必要ありません。


アメリカ人は誰でも英語をしゃべれます。英会話に年齢は関係ありません。
70歳を越える方でも英語を話せるようになります。


それでは、なぜ300万ものお金を使っても英語を話せるように
ならなかった私が、たった半年足らずで英語を話せるように
なったのでしょうか?


あなたはその秘密を知りたくないですか?


それを知りたい方はここからクリックしてみてください。

→→話せる英会話なら「トークるズ!」

トー来るズロゴ青中


→→
楽しいブログ「トークるズで英会話と英語学習」

(C)アキュワーズ株式会社
[PR]
by tgeveryday | 2006-06-12 14:17 | 語源で増やすボキャブラリ!
<< ボキャブラリーを増やそう!「H... ボキャブラリーを増やそう!「g... >>